債務整理・過払い金請求|借金返済計画

借金に困っているなら弁護士に債務整理の相談を!

借金の返済に困っているのであれば、債務整理を利用することで、借金の返済額を減らすことができます。

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのって勇気がいりますよね。

そこでまずは借金減額シミュレーターを使って、あなたの借金がいくらに減るか調べてみましょう。

↓今すぐ借金がいくらに減るか調べてみる↓

当サイトの人気コンテンツ

saimubana1
任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3
借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。

借金返済計画のコンテンツ一覧

kategori1
債務整理の情報まとめ
債務整理には、任意整理、過払い金返還請求、個人再生、自己破産など様々な種類があります。それぞれについて、詳しく書いてある記事をまとめています。債務整理の基礎知識を身につけたい方はこちら
kategori3
借金の返済について
借金を返済についての、基本的なことをまとめています。公共料金の延滞・滞納、専門家への依頼などが気になり方はこちら
kategori2
借金・債務整理の問題について
借金にまつわる問題や債務整理を行うデメリットなどについて詳しく書いてある記事をまとめています。ブラックリストについても詳しく書いてあるので気になる方はこちら
kategori4
借金の原因別の返済方法について
借金の原因ごとに起こる問題や返済方法が変わってきます。ギャンブルや住宅ローン、闇金などの借金がある方はこちら

任意整理・過払い金返還請求・個人再生・自己破産の比較表

任意整理 個人再生 自己破産
借金の減額 将来利息カット
引き直し計算
最大で90%の減額 借金0
借金を整理する相手 選べる 選べない
(すべて)
選べない
(すべて)
資産 残る 残る 残らない
借金の理由 関係なし 関係なし 関係あり

ざっくりとそれぞれの特徴を説明すると

  • 任意整理:減額幅はあまり大きくない分、自由度が高い
  • 個人再生:減額幅が非常に大きいけれど、手続きが大変で面倒
  • 自己破産:借金がすべてなくなる反面、資産のほとんどがなくなる。

ちなみに、「過払い金返還請求」は正当な権利なので、業者に請求する手間はかかりますが、お金を奪うことができます。

どれにすればいいのかは、あなたの状況によって変わってきます。

一つの目安として、消費者金融から200万円、300万円となると個人再生や自己破産を考えることになりますね。

具体的にどんな方法を選ぶことになるのかは、弁護士に相談をするのが一番確実でしょう。

弁護士に相談するのが難しい場合でも、とりあえずいくら借金が減るか調べておいて損はありませんよ。

↓今すぐ借金がいくらに減るか調べてみる↓

なぜ借金返済方法として債務整理をお勧めするのか?

当サイトでは、基本的に債務整理を行うことを勧めています。

債務整理を行うことで、借金の返済額を減らすことができるので、返済に困っている人を救うことができますからね。

 

借金の減額は債務整理を行う側としては大きなメリットですが、お金を貸している側(消費者金融や銀行など)にとってはいい迷惑です。

相手は返ってくるものとして、お金を貸すわけですからね。

「お金は借りたら返すもの」

という意見もあるように、安易に債務整理を行うのはよくないことだと思います。

 

しかし、消費者金融や銀行はビジネスでお金を貸しています。

ビジネスを行う以上、ある程度のリスクが付きまとうので、企業側はそれの対策を行っています。

そもそも、消費者金融の金利は非常に高いですからね。

貸し倒れのリスクがあるために、高い利益率を上げるようになっているのです。

つまり、ある程度の人が債務整理を行うことが前提でお金を貸しているのです。

そのため一部の人が債務整理をしたところで、それほどダメージはありません。

 

また、景気が悪い状態が続いており、就職難や減給、ボーナスカットなど収入にまつわる様々な問題があります。

お金を借りたときには、返済できると思っていても、実際に返済すると想像以上に大変な思いをする人が多いですね。

消費者金融側は少しでも利益を上げようと、借金をするように誘惑してきます。

そんな企業努力のせいで、お金を借りている人はズルズルとお金を借りる額や期間を延ばしてしまいやすくなります。

借金額が増えることは企業にとってはうれしいことですが、こちらにとっては利息が多くなるので、返済が苦しくなってきます。

そういったところに、リストラや倒産、減給などが重なると、一気に返済をすることが困難になります。

お金を返済したいと思っていても、収入が少なく生活するのに精一杯という状況に陥ってしまう人は多いのではないでしょうか。

 

借金の返済に困ると人は何を考えるかというと、夜逃げ自殺です。

夜逃げをすると、夜逃げ先ではまともな生活を送ることができません。

住民票を移すと、貸し主に居場所がばれてしまうので、移すことができないんですよね。

すると、国民健康保険に入れなかったり、子供を学校に行かせることができなかったりと様々な面で不自由な思いをすることになります。

また、自殺をしてしまったら、その人の人生は終わってしまいます。

「借金をした」ということだけで、ここまで追い詰める必要はないのではないでしょうか。

 

以上の話をまとめると

  1. 一部の人が債務整理をしても、企業は十分に利益を上げている
  2. 現在は不景気だから、返済したくてもなかなか返済できない
  3. 借金に思い悩んで、夜逃げや自殺をしてしまう人がいる

主にこの3つの理由から、借金の返済に困っている人は弁護士に債務整理の相談をしにいくことを勧めています。

借金ごときで自殺してしまうというのは本当に悲しい話です。

それだけはなんとしても止めるべきです。

このサイトを運営して、少しでも多くの人が借金の苦しみから解放されることを願っております。