ブラックリストにどれくらいの期間延滞・滞納したら載るの?

Fotolia_34155995_Subscription_Monthly_XL_R

消費者金融・カードローンの返済、クレジットカードの支払いなどにおいて、延滞・滞納をするとブラックリストに載るというのは有名な話ですよね。

ブラックリストという響きからとてもヤバいものに載ってしまうという印象を持っている人も多いです。

どれくらいの期間延滞や滞納をすると載ってしまうのかというのが気になりますよね。

 

そこでこの記事では、ブラックリストに載る期間について詳しくまとめました。

ブラックリストの載ってしまう延滞・滞納期間とは?

消費者金融やカードローン、クレジットカードすべてにおいて、基準となるのは3か月だと思ってください。

3か月滞納してしまうと、ブラックリストに載ってしまいます。

 

ただ厳密には、それぞれの会社ごとに対応が異なるので、場合によっては1か月で載ってしまうこともあるみたいです。

大手であれば、そんな対応はしないと思いますけどね。

うっかり支払いを忘れていたという人は結構な人数いると思いますし、その人たちもブラックリストに入れていたら、お金を貸す相手もいなくなってしまい、会社の利益が減るでしょう。

 

ちなみに、ブラックリストというと、非常に危険なもののように感じますが、あくまで金貸し系で問題を起こした人が分かるというくらいのものです。

延滞・滞納や自己破産などの債務整理を行った人などが分かるようになっています。

この情報は、金融機関やクレジット会社くらいしか見られない情報なので、日常生活には影響ありませんよ。

どう頑張っても支払えないなら弁護士に相談を

延滞・滞納が一時的なもので、支払うことが可能であれば問題はないのですが、返済するお金が全くなくて困っているという場合もあるでしょう。

その場合には、弁護士に債務整理について相談をすることをお勧めします。

債務整理をすることで借金を減らすことができるので、確実に今の状況を改善することができます。

借金で苦しむよりも債務整理をして、借金を自分で返済可能な借金額にする方が快適な日常生活を送ることができます。

 

債務整理を行うとブラックリストに載ってしまいますが、お金が借りられなくなったりクレジットカードが使えなくなったりするだけです。

現金を使えば、買えないものはないので、それほど日常生活で困らないでしょう。

数年経てばブラックリストからも消えるので、クレジットカードを持つこともできます。

返済に困ってどうしようもない場合は、弁護士に相談をして解決してもらいましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ