ブラックリストの人でも引越しできる?住所が変わればいい?

Fotolia_53279513_Subscription_Monthly_XXL_R

消費者金融やクレジットカードで問題を起こしてしまった場合、ブラックリストに載ってしまいます。

そうなると、色々なデメリットがあり、その中で「引っ越しができなくなるのではないか」と考えてしまい人も少なくありません。

また、引っ越しをして住所が変われば、ブラックリストの情報と一致しなくなるから、ブラックリストから消えたのと同じなのではないかと考える人もいますね。

 

そこでこの記事ではブラックリストと引っ越しに関係があることについて詳しく説明していきます。

  • ブラックリストでも引っ越しをすることはできる?
  • 引っ越しをして住所が変わればブラックリストから外れる?

ブラックリストでも引っ越しをすることはできる?

ブラックリストとは、正確に言うと信用情報が傷ついている人のことを指します。

信用情報が使われるのは、お金を借りるときだけです。
(クレジットカードも含みますが、クレカでは一時的に借金をしています。)

なので、賃貸契約には全く関係がなく、普通に引っ越すことができます。

 

ただし、賃貸契約をする場合にクレジットカードでの支払いが義務付けられている物件だとブラックリストに載っていることが影響しますね。

場合によっては、物件が絞られる可能性があると思った方がいいでしょう。

引っ越しをして住所が変わればブラックリストから外れる?

「住所が変わってしまえば、個人情報と一致がしないので、再びお金が借りられるようになるのではないか?」と考える人は少なくありません。

しかし、住所だけで本人確認をするわけではありません。

住所以外にも、名前、生年月日、勤務先などで分かります。

仮に同姓同名がいたとしても生年月日まで一緒ということはまずないですからね。

 

それに引っ越しをするだけでブラックリストから外れるのであれば、だれもブラックリストになることを恐れません。

賃貸に住んでいるのであれば、2年に1回引っ越す人も多いですからね。

それでは5~10年もブラックリストに載せておく必要もなくなってしまいます。

引っ越しをしたぐらいではブラックリストの情報は消えないと思った方がいいでしょう。

5~10年経過して自然に消えるのを待つしかないでしょう。

まとめ

ブラックリストだからと言って引っ越しができなくなるということはありません。

物件の制限がかかるかもしれませんが、たくさん物件はあるので住めないということはないでしょう。

また、ブラックリストの情報は引っ越しをしたくらいでは消えることはありません。

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ