ブラックリストと連帯保証人の関係性について

Fotolia_47796320_Subscription_Monthly_XXL_R

  • ブラックリストに載ったら連帯保証人になれるのか?
  • 連帯保証人の借金を返済できないとブラックリストに載る?
  • 借金をした本人と一緒に連帯保証人もブラックリストに載る?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では、ブラックリストと連帯保証人について詳しく説明していきます。

1.連帯保証人もブラックリストに載る?

借金の連帯保証人になっている場合だと、もしも請求がきたときに支払うことができなければ、ブラックリストに載ってしまうかと気になる人も多いでしょう。

またどういったタイミングで連帯保証人がブラックリストに載るのかも気になりますよね。

まずお金を借りた人が何ら過の理由でブラックリストに載った時に、連帯保証人も同時にブラックリストに載ることはありません。

しかし、連帯保証人に請求がきた時に、延滞したり支払うことができなかったりするとブラックリストに載ります。

 

あくまでブラックリストに載るというのは借金の支払いに問題があった場合です。

借金をした本人がブラックリストに載ったからと言って、連帯保証人の支払い能力に問題があるわけではないので、一緒にブラックリストに載るということはありません。

しかし、借金をした人が返済できないということで、連帯保証人に請求が来た場合、借金を返済できないと支払い能力に問題があると認定されます。

仮に借金の請求が来ても、問題なく支払うことができれば、ブラックリストに載ることはないということです。

 

自分でお金を借りていないのにブラックリストに載るというのは、なんだか理不尽な気がしますが、連帯保証人とはそういうものです。

連帯保証人は債務者が支払うことができなかった場合に、問答無用で残った借金を支払う必要があります。

かなり拘束力が高いので安易に借金の連帯保証人になってはいけないのです。

・連帯保証人には一括請求されることが多い

自己破産などの債務整理が行われた場合などに借金を請求されるときには、分割払いではなく一括請求されることが多いです。

「残った借金を一括返済しろ」という内容が届くと思います。

債権者に相談をすることで分割払いもしくは借金をしたときと同条件での返済を許してもらえる可能性もあります。

例えば、100万円の借金があり利息15%で月々3万円の返済をしている場合には、この条件で返済ができることもあるということです。

しかし、基本的には一括払いでしか受け付けないことが多いですね。

もしも請求された借金を支払うことができそうにないのであれば、弁護士に債務整理の相談をすることをお勧めします。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

2.ブラックリストの人でも連帯保証人になれる?

ブラックリストに載った場合、基本的には連帯保証人になれないと思ったほうがいいです。

 

ローンを組むときの審査では、連帯保証人の支払い能力も見られます。

ブラックリストに載っているということは、信用がほぼないというのと同じ意味です。

銀行にとっての連帯保証人の役目は、万が一返済がなかったときに代わりに支払ってくれるかどうかなので、連帯保証人の信用も大事な基準になります。

過去に延滞や債務整理をしたことがある場合だと、仮に請求しても逃げられる可能性が高いと判断するのでしょう。

 

一応ブラックリストのデメリットの一つに連帯保証人になれないということがありますが、連帯保証人を求められることはほとんどありません。

借金の返済が苦しい場合に過剰に心配し過ぎて、債務整理を行わないというほうが問題です。

債務整理を行うことで借金の返済は楽になるので、一度検討してみることをお勧めします。

返済が苦しい状況にあるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのかだけでも専門家に聞くことをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

・賃貸アパートやマンションを借りるときの連帯保証人にはなれる

連帯保証人と一言で言っても、様々なものがあります。

あくまでブラックリストが関係してくるのは、借金関係の連帯保証人です。

それ以外の連帯保証人であれば問題なくなることができます。

例えば賃貸物件を借りるときの連帯保証人であれば、問題なくなることができます。

賃貸物件を借りるときの審査は、借金をするときとは違う審査条件になるので、ブラックリストに載っている人が連帯保証人になっても審査に通ることはできます。

まとめ

連帯保証人というのは貸主と同じだけの返済義務を負うことになるようになっています。

そのためリスクも大きいですし、連帯保証人になるには信用も必要です。

万が一連帯保証人になったことで返済できないほどの借金を抱えてしまった場合には、一度弁護士に相談をして借金整理することが賢明ですよ。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

 

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

2 Responses to “ブラックリストと連帯保証人の関係性について”

  1. 富原 より:

    はじめまして。
    友達の保証人になり、その分を全て返金したらブラックはどれぐらいのりますか?
    宜しくお願いします。

    • 管理人 より:

      保証人であっても滞納せずにきちんと返済を行えば、ブラックリストに載ることはありません。

コメントを残す

サブコンテンツ