ブラックリストと連帯保証人の関係性について

Fotolia_47796320_Subscription_Monthly_XXL_R

借金の連帯保証人になっている場合だと、もしも請求がきたときに支払うことができなければ、ブラックリストに載ってしまうかと気になる人も多いでしょう。

また、ブラックリストに載っている人でも、子供や親戚の借金の連帯保証人になれるかということを心配する人もいますね。

このようにブラックリストと連帯保証人について多くの人が疑問・不安を抱えているようですね。

 

そこでこの記事では、ブラックリストと連帯保証人の関係性について詳しく説明していきます。

  • 連帯保証人もブラックリストに載る?
  • ブラックリストの人でも連帯保証人になれる?

連帯保証人もブラックリストに載る?

本来お金を借りた人がブラックリストに載った時に、連帯保証人も同時にブラックリストに載ることはありません。

しかし、返済が行われず連帯保証人に請求があり、延滞したり支払うことができなかったりするとブラックリストに載ります。

 

お金を借りていないのにブラックリストに載るというのは、なんだか理不尽な気がしますが、連帯保証人とはそういうものです。

連帯保証人は債務者が支払うことができなかった場合に、問答無用で支払う必要があります。

かなり拘束力が高いので安易に借金の連帯保証人になってはいけないのです。

 

また、請求されるときには分割ではなく一括請求されることが多いです。

相談をすることで分割にしてもらえる場合もありますが、基本的には一括でしか受け付けないことが多いですね。

もしも支払うことができなければ、弁護士に相談をして債務整理を行いましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

 

ブラックリストの人でも連帯保証人になれる?

ブラックリストの人でも借金関係でない連帯保証人であれば特に問題がないですが、借金関係の連帯保証人になるのは難しいと思った方がいいでしょう。

やはり借金関係だと、ブラックリストかどうかを見るので、ダメな場合が多いですね。

ブラックリストに載っているということは、信用がほぼないというのと同じ意味です。

 

銀行にとっての連帯保証人の役目は、万が一返済がなかったときに代わりに支払ってくれるかどうかなので、その人の信用も大事な基準になります。

過去に延滞や債務整理をしたことがある場合だと、仮に請求しても逃げられる可能性が高いと判断するのでしょう。

まとめ

連帯保証人というのは貸主と同じだけの返済義務を負うことになるようになっています。

そのためリスクも大きいですし、連帯保証人になるには信用も必要です。

万が一連帯保証人になったことで返済できないほどの借金を抱えてしまった場合には、一度弁護士に相談をして借金整理することが賢明ですよ。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

2 Responses to “ブラックリストと連帯保証人の関係性について”

  1. 富原 より:

    はじめまして。
    友達の保証人になり、その分を全て返金したらブラックはどれぐらいのりますか?
    宜しくお願いします。

    • 管理人 より:

      保証人であっても滞納せずにきちんと返済を行えば、ブラックリストに載ることはありません。

コメントを残す

サブコンテンツ