ブラックリストに載る基準とは?

Fotolia_53100844_Subscription_Monthly_XXL_R

消費者金融でお金を借りていたり、クレジットカードを使っていたりするとつい返済を遅れそうになることってありますよね。

そんなときに心配なのが、ブラックリストに載る基準です。

ブラックリストに載ると様々な点で不都合が生じることがありますからね。

できればブラックリストには載りたくないですよね。

 

そこでこの記事ではブラックリストに載る基準を紹介していきます。

ブラックリストに載る基準とは?

ブラックリストに載るということを別の言葉で説明すると、信用情報機関に信用を失うような行為をしたという情報が載ることを指します。

具体的にどんなことをすると、信用情報機関に登録されるのかと言いますと

延滞・滞納、債務整理、個人再生、自己破産などです。

つまり、借金の返済をきちんと行わなかった場合に登録されるということです。

 

お金を借りるということは信用があるからお金を貸しているわけですが、その信用を踏みにじるような行為をすると「この人は信用できない人です」という情報が載るということです。

真面目に返済をしていれば、登録をされることがないので、ブラックリストに載りたくなければきちんと返済するようにしましょう。

何か月延滞・滞納をすると登録されるのか?

債務整理系ならば、明らかに迷惑をかける行為なので、ブラックリストに載ることは分かると思います。

しかし、延滞の場合、仮に1回支払いを忘れたくらいでも、ブラックリストに載ってしまうのでしょうか?

その点は安心してほしいのですが、延滞・滞納については基本的には3か月でアウトになることが多いです。

 

人はついうっかり忘れるということもあるので、1回程度ではブラックリストに登録するということまではしないことが多いですね。

1回でブラックリストに登録してしまうと、お金を借りる人やクレジットカードを利用する人が減ってしまい会社の利益も減るので、そこまで厳しくはしていないようですね。

だたし、延滞を何回も繰り返している場合は、1か月の滞納でブラックリストになる可能性もあります。

 

例えば、2か月滞納したが支払う、2か月滞納して支払う…という風に何回も「滞納しては支払う」というのを繰り返していると危険ということです。

はっきり言って、何回も滞納する人を信用できませんよね?

いつ長期間滞納する人になるのかわからないので、ブラックリストに登録されてもおかしくはありません。

まとめ

信用情報というくらいですから、大事なのは相手に信用されるように返済をすることです。

逆に相手に信頼されないような返済の仕方をしているとブラックリストに載るということです。

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ