ブラックリストに載る期間は何年間?いつ消えるのか?

Fotolia_45340117_Subscription_Monthly_XXL_R

万が一ブラックリストになってしまった場合、どれくらいの期間ブラックリストになったままなのかと木になっている人は非常に多いです。

ブラックリストに載ると自動車ローンや住宅ローンを組むのが難しくなるので、人生設計をする上では非常に重要なポイントですよね。

結婚して家を持ちたいと思っても住宅ローンが組めなければ購入することができませんからね。

 

そこでこの記事では、ブラックリストに掲載される期間について詳しく書いていきます。

ブラックリストに載っている期間とは

登録される情報 日本信用情報機構(JICC)
消費者金融系
CIC
信販会社・クレジット系
契約の見直し 過払い金請求時から10年
延滞 延滞継続中の期間 取引期間中及び取引終了日から5年
延滞の解消 延滞解消日から1年
債務整理がなされた事実 発生日から5年
保証会社による弁済
破産手続き 手続き開始決定日から10年 手続き開始決定の日から7年
民事再生手続き 開始決定日から10年 開始決定日から7年間

ブラックリストに載る期間を表にまとめました。

 

これを見て分かるようにブラックリストに載る期間は、どんなことをしたのかによって異なります。

金融業者やクレジットカード会社に迷惑をかけるものほど、長期間ブラックリストに載ったままになるということですね。

自己破産や個人再生を行われると、回収できるお金が激減するので、そういった対処になっているのは仕方がないことでしょう。

 

ただブラックリストに載るのが嫌だからと言って、債務整理を行うのを躊躇しない方がいいです。

自力で返済をする見込みがないのであれば、そのままズルズルと借金をするのが一番よくないことです。

ずるずる借金を繰り返していたら最終的にブラックリストに載ることは明白です。

それよりもさっさと債務整理をしてしまう方が傷が浅く回復も早まりますよ。

まとめ

ブラックリストに掲載される期間は様々ですが、どんな場合も5年はブラックリストに載ったままになるので注意してください。

できることならブラックリストに載らないようにきちんと返済をしていきましょう。

 

万が一、返済することができないのであれば、さっさと債務整理をしてしまった方が、その分早くブラックリストから情報が削除されます。

将来住宅ローンを利用して家を買う機会がある人ほど早めに行った方がいいですね。

たまに延滞をしてそのたびにブラックリストに載る人が、一番掲載される期間が長くなります。

もし借金の返済に困っているのであれば、一度弁護士に相談をしましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ