ブラックリストに載ると就職や転職で不利になる?

Fotolia_47945691_Subscription_Monthly_XXL_R

ブラックリストというと響きがあまりよくないので、色々なことに影響を及ぼすのではないかと想像してしまいがちです。

しかし、それほど影響力はないので、就職や転職においても基本的には影響がないと思っても大丈夫です。

というのも、ブラックリストというのは、危険な人リストではなく、金融関係(借金・クレジットカードなど)で問題を起こした人リストです。

問題というと、延滞や債務整理のことですね。

 

債務整理という国で認められている方法を使って、日常生活に大きな影響が出たら問題ですよね。

また、ブラックリストは信用情報ともいうのですが、信用情報はお金を貸す時やクレジットカードを作成するときにしか見てはいけない決まりがあります。

そのため就職のときに、信用情報がどうなっているのかを信用情報機関に確認することはできません。

 

ただし、例外はあって迷惑をかけた会社と関連グループでは就職・転職に影響が出る場合があります。

普通に考えれば会社に迷惑をかけた人間を雇いたくはないですよね。

「信用情報を見ることはできないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、禁じられていると言っても、それは信用情報機関を使って情報を取り寄せる場合です。

消費者金融やクレジット会社では、信用情報のデータが集まっている信用情報機関だけでなく、社内のデータとして問題を起こしたことがあるかどうか残しています。

社内にある情報については特に規制などもないので、就職や転職の時に影響が出る場合もあります。

 

また、信用情報機関の情報は数年経てば消えるようになっていますが、社内データにはデータ消去に関しても規制がないので、ずっと情報が残っていると思った方がいいでしょう。

なので、銀行・金融系への就職・転職はあきらめた方が無駄な労力を使わないことに繋がります。

それ以外の普通の企業であれば、影響はないので、そちらに就職をすることを目指しましょう。

まとめ

就職しようとしている会社に迷惑をかけているのであれば、その会社に勤めるのは難しいというのはある意味当然の話です。

ちょっとした延滞であれば、大丈夫かもしれませんが、借金が残っている場合や債務整理をした場合だと大きな迷惑をかけているので特に難しいでしょうね。

 

このように就職に影響が出る場合もありますが、借金の返済に困っているときにそれほどブラックリストに載ることを恐れない方がいいです。

ブラックリストが関係しているのは、金融系のものだけです。

それ以外では日常生活にも影響しないので普通に生活することができます。

ブラックリストのことよりも借金問題の方が重大なので、なるべく早めに解決して悩みを解消しましょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ