ブラックリストの人でも賃貸契約はできる?

Fotolia_53100715_Subscription_Monthly_XXL_R

「ブラックリストに載る=信用できない人」という意味でもあるので、新しく賃貸契約をすることができるのかということを心配する人も多いです。

ずっと同じところに住んでいられればいいですが、どうしても引っ越しをしなければいけないこともありますからね。

そこでこの記事ではブラックリストの人の賃貸契約について、説明していきます。

  • ブラックリストの人でも賃貸契約はできるのか?
  • 保証会社は利用できない?

ブラックリストの人でも賃貸契約はできるのか?

例え自己破産などの債務整理をしていたとしてブラックリストに載っていたとしても、賃貸契約を結ぶことはできます

ブラックリストと言っても、関係するのは金融系の契約時だけですからね。

それ以外のことでは、全く影響しません。

 

また、賃貸契約をするときにチェックをするのは「不動産会社」と「大家さん」です。

不動産会社や大家さんは、ブラックリストの情報が載っている信用情報機関の情報を見ることはできないので、チェックすることもできません。

なので、問題なく賃貸契約を結ぶことができますよ。

保証会社は利用できない?

問題なく賃貸契約を結ぶことができるのですが、保証会社の利用では影響が出る場合もあります。

保証会社は本来であれば信用情報を見ることができないので、利用できるはずなのですが、ブラックリストだと審査に通りにくいのが現状です。

 

正直な話、保証会社がどこまでの情報を調べているかが分からないんですよね。

ただ傾向を見ていると信用情報も見ている可能性があるのです。

というのも、保証会社の多くは大手銀行の子会社なので、色々な手を使えば見ることは可能なのです。

 

また、家賃の保証会社はあまり儲からないので審査を厳しく行っていることが多いですね

というのも、家賃の支払いが滞るというのは本当に生活がヤバくなっている人が多いです。

保証会社は大家さんに代わりに支払って後から回収をするのですが、家賃の滞納分を回収ができずに損をすることの方が多いのです。

こういった現状もあって、本来やってはいけないブラックリストかどうかをチェックも行っている場合があります。

 

もちろんすべての保証会社がブラックリストのチェックをしているわけではないです。

なので、どうしても保証会社を使いたければ、複数の保証会社に審査をしてもらうといいでしょう。

まとめ

ブラックリストの人でも賃貸契約をすることは可能です。

ただし、保証会社の審査が通りにくい場合があるので、保証会社を利用しなくてもいい物件にする必要があるなど制限があります。

保証会社を利用しなければいけないのであれば、審査の時間もかかるので、余裕を持った引っ越しをするようにしましょう。

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ