ブラックリストに載ることはデメリットだけでなくメリットもある

Fotolia_53279513_Subscription_Monthly_XXL_R

  • ブラックリストに載るとどんなデメリットがあるのか?
  • ブラックリストに載るとクレジットカードはどうなる?
  • ブラックリストに載るとローンが全く組めなくなるって本当?
  • ブラックリストに載ることにメリットはあるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事ではブラックリストのメリットデメリットについて詳しく説明していきます。

1.ブラックリストに載るデメリットとは?

クレジットカードやローンの支払いを延滞・滞納した場合や、債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)をした場合にブラックリストに載ります。

厳密に言うと個人信用情報機関に事故情報が載ることを指します。

 

ブラックリストというとそのイメージ通りにデメリットがあります。

具体的にどのようなデメリットがあるのかといいますと

  • 5~10年新たにお金を借りることができない(住宅ローンや自動車ローンも含む)
  • レジットカードを新規に作ることができない(場合によっては今あるカードも返却する必要があります)
  • 保証人になることができない

などが主なデメリットとなります。

・5~10年新たにお金を借りることができない(住宅ローンや自動車ローンも含む)

ブラックリストに載っている間は、新しくお金を借りることはできません。

消費者金融のキャッシングや銀行系カードローンだけでなく、住宅ローンや自動車ローンなどあらゆるローンを組むことができなくなります。

ローンを組むときの審査ではブラックリストに載っているかどうかというのが重要な指標になります。

中にはブラックリストに載っているというだけで、問答無用で審査が落ちることもあります。

大きな買い物をするときには、貯金して購入することになりますね。

・クレジットカードを新規に作ることができない(場合によっては今あるクレジットカードも返却する必要があります)

ブラックリストに載ると、クレジットカードを新規作成することができません。

今使っているクレジットカードの強制解約になる可能性があります。

支払いの遅延をしていないクレジットカードや債務整理の対象としてないクレジットカードも、使えなくなる可能性があります。

 

クレジットカード会社の多くは定期的に与信と言って、信用情報をチェックします。

その時にブラックリストに載っていると強制解約になる可能性があるのです。

特にクレジットカードの更新のタイミングで、チェックされることが多いです。

仮に一時的に使えても、更新で使えなくなるというケースが多いです。

・保証人になることができない

ブラックリストに載っているとローンを組むときの保証人になることができません。

ローンの審査に落ちる原因になるので、保証人を頼まれても断るようにしましょう。

ただ賃貸マンションを借りる場合の保証人は借金とは関係ないので、ブラックリストに載っていても保証人になることはできます。

2.ブラックリストに載るメリットがあるって本当?

このようにブラックリストのデメリットを見てきましたが、私個人の意見としてはそれほど大したことではないと思います。

というのも、

ブラックリストに載っても、借金ができなくなるだけです。

私生活には全く影響しません。

 

支払いさえしっかりやっていれば水道、ガス、電気などのライフラインは止まりません。

クレジットカードが使えなくてもデビットカードを使うことで、ネットでの買い物もできます。

※デビットカードはブラックリストの人でも作ることができます。

もちろん銀行振り込みやコンビニ払いを使って支払うこともできますね。

 

逆にローンが組めなくなったりクレジットカードが使えなくなったりすることで、余計な出費を減らすことができます。

クレジットカードを使うと、お金を使っている感覚があまりないのでついつい使いすぎてしまう人が多いですよね。

借金ができない状態に強制的になるので、自分の収入以上のお金を使うということがなくなります。

なので、ブラックリストに載ることで自分の収入にあった生活ができるようになります。

 

債務整理をした場合には、ブラックリストに載ってしまいます。

でも、債務整理をすることで通常よりも早く借金を完済することができます。

借金を完済したらその後は借金のない生活を送ることになります。

ブラックリストに載ることを恐れて債務整理をしないのはもったいないと思います。

借金の返済に困っているのであれば、債務整理は非常に有効な手段の一つですよ。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

まとめ

ブラックリストという響きは非常に悪いですが、別に悪い制度ではないという事が分かったと思います。

それにブラックリストに載ることは周りの誰かに分かることではありません(自分で申告しない限り)

個人信用情報機関に問い合わせをして、本人以外には例え家族であろうとその情報を公開することはありません。

なので、基本的には周りにばれることを心配しなくていいでしょう。

 

債務整理をするとブラックリストに載るから嫌だという人もいますが、こんな風に考えることによってプラスのイメージに変えることができます。

借金に困っているのであれば、ブラックリストのことを気にせずに債務整理について弁護士に相談することが借金問題解決への近道です。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ