ブラックリストのデメリットの嘘と真実について

Fotolia_54700857_Subscription_Monthly_XXL_Rブラックリストに載ると、生活する上で非常に大きな制裁を受けるという誤解があります。

 

はっきり言ってブラックリストと言っても、民間の情報機関での扱いなので生活に支障が出るデメッリとは一切ありません。

ブラックリストのデメリットの嘘

  • 会社を首になる
  • 電気・ガス・水道などのライフラインが止められる
  • 家を手放すことになる
  • 海外旅行に行けなくなる
  • 選挙権がなくなる

会社を首になる

ブラックリストに載ったことを理由にして、従業員を解雇したり退職を勧めることは違法です。

そもそも、ブラックリストに載った情報は会社に知られることはないでしょう。

電気・ガス・水道などのライフラインが止められる

料金さえ支払っていれば、ライフラインが止められることはありません。

ただクレジットカードで料金を支払っている場合は、引き落としに変えるなどの手続きをする必要が出てきます。

家を手放すことになる

住宅ローンや家を担保にして借りている借金の返済をしている限り、家を手放すことにはありません。

マイカーローンも同様にそのローンの返済をしている限り自動車も手放す必要はありません。

海外旅行に行けなくなる、選挙権がなくなる

戸籍や住民票、パスポートにブラックリストに載ったことは掲載されません。

ちなみに、破産をした事実も掲載されることはありません。

なので、私生活に影響が出るようなことは一切ないでしょう。

 

ブラックリストに載ることによる本当のデメリット

  • 金融機関から借金ができなくなる
  • 新たなクレジットカードを作れなくなる
  • ETCカードが利用できなくなる
  • ローンやクレジットを組んで、商品を購入することができなくなる

金融機関から借金ができなくなる

銀行や消費者金融、クレジット会社から新たにお金を借りることができなくなるでしょう。

ただ消費者金融ではブラックリストに載っていてもお金を貸してくれる場合もあります。

お金を貸さないと利益が出ないですからね。

新たなクレジットカードを作れなくなる

新規にクレジットカードを作る際には、審査が通らなくなります。

また、場合によっては今持っているクレジットカードの返却を求められます。

ただし、きちんと支払いをしている場合は返却の要求がされないこともあります。

ETCカードが利用できなくなる
ローンやクレジットを組んで、商品を購入することができなくなる

ローンやクレジットを組むことができなくなるので、大きな買い物がしにくくなりますね。

ただ現金支払いであれば、家だろうと車だろうと買うことができます。

 

まとめ

ブラックリストに載るといってもこの程度のデメリットしかありません。

ブラックリストを大きなデメリットと捉えがちですが、借金をすることができなくなれば、その分節約するようになります。

そうすることで、あなたの収入に見合った生活を送ることができるでしょう。

クレジットカードが使えなくなることで、浪費も抑えることができるでしょうからね。

 

ブラックリストに載ることを嫌がって無理な返済を続けるよりか、ブラックリストに載ることを覚悟して債務整理を行うことで苦しい生活から解放されます。

もしもあなたが借金生活に苦しんでいるのであれば、債務整理をすることを検討してください。

>>無料&匿名で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ