住宅ローン滞納で一括請求された!どこに相談すればいい?

Fotolia_51850519_Subscription_Monthly_XXL_R

住宅ローンを滞納していると銀行から一括返済を求められることがあります。

住宅ローンを滞納しなければいけないほどお金がないわけですから、一括請求されても当然支払うことはできないですよね。

そもそもそんなお金があったら家を一括で買っていますよね。

一括請求をできない場合、そのままだと家を競売かけられてしまいます。

それだけでなく、競売で売ってもローンが残る場合には残りの分も支払っていかなくてはいけないのです。

 

この記事ではそういった状況をどうにかするにはどこに相談すればいいのかということを書いています。

一括請求されたときに相談する場所について

  • 一括請求が予告通知の段階で、将来的に払える見込みが高いなら「銀行」
  • 完全な一括請求で、借金を抱えるのは嫌な場合は「弁護士」

一括請求が予告通知の段階で、将来的に払える見込みが高いなら「銀行」

一括請求されたと思っても、予告通知の可能性があります。

予告通知の段階ならば銀行に相談することで、返済スケジュールを変更できる場合もあります。

どうして滞納しているのか、いつになったらきちんと返済できるかなどを伝えることでスケジュール変更が可能な場合があります。

銀行側は必ず対応してくれるとは限らないので、なるべく早めに相談しに行きましょう。

完全な一括請求で、借金を抱えるのは嫌な場合は「弁護士」

「期限の利益の損失」という言葉があったら、完全な一括請求です。

こうなると銀行に相談しに行っても、対応してくれることはまずないです。

 

一括請求されて支払うことができない場合、そのまま進むと家を競売で売られてしまいます。

競売で家を売ってもローンをすべて返済できるとは限らず、ローンが残ることもあります。

もしローンの残高がたくさん残っているようならば、家を手放すだけでなく多額の借金を抱えることになってしまいます。

 

こうなりたくなければ、弁護士に相談をして、自己破産を選択するのも一つの手です。

自己破産を選択すると家を手放すことになりますが、多額の借金を抱えることはなくなります。

 

ちなみに、住宅ローン以外の借金(消費者金融やカードローンなど)がある場合には、個人再生を選ぶことで、消費者金融などの借金だけを減額することができます。

この場合、住宅ローンを支払っていけることが条件になりますが、家を残すこともできます。

要は、住宅ローン以外の借金で苦しんでいる場合には、その借金を大幅に減額(最大90%の減額)して家を残すことができるということです。

 

これは、一括請求が行われた後でも、約半年以内であれば、可能となっています。
(厳密には代位弁済が行われたから半年以内)

もしも、家を手放して多額の借金を抱えるのが嫌という場合や住宅ローン以外の借金に苦しんでいる場合には一度弁護士に相談するといいでしょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ