国民健康保険を滞納するとどうなるのか?対処法は?

Fotolia_45340117_Subscription_Monthly_XXL_R

会社員の場合だと、国民健康保険料は給料から天引きされるので、支払っているという感覚があまりないかもしれませんが、フリーランスの方や自営業の方だと、保険料の高さにびっくりすることがありますよね。

病院に行っていないのに、支払わなければならないのも、不満になりやすい原因だと思います。

 

しかし、国民健康保険は税金みたいなものなので、滞納すると色々と面倒なことになります。

素直に払っているのが一番お得で面倒が少ないので、お金があれば支払うようにしましょう。

この記事では、

  • 国民健康保険を滞納するとどうなるのか?
  • 延滞金は発生するのか?
  • 滞納した場合の対処方法
  • 時効と差し押さえについて

などを紹介しています。

国民健康保険を滞納するとどうなるのか?

国民健康保険は滞納するとすぐに使えなくなるわけではなく、段階的に使える期間や免除割合が制限されます。

どのように制限されていくのかは以下の表を参照してください。

実行日 保険証名 制限内容・補足
支払い期日の翌日以降 短期被保険者証 通常の保険証の代わりに交付される保険証。これは通常のものよりも使える期間が短く1か月~6か月となっています。期限が切れるたびに窓口に行って手続きを行う必要があります。その時に滞納分の請求が行われることもあります。医療費の負担は通常の保険証と同じで、自己負担分は3割となっています。
支払い期日の1年後
(自治体によって多少前後する可能性あり)
被保険者資格証明書 1年以上未納の場合に交付される資格証明書。これは医療費が全額自己負担となります。ただ後日、領収書を持って窓口に行って申請をすれば、一部が払い戻される仕組みになっています。

 

被保険者資格証明書となると、医療費が全額自己負担になるので、そうならないように最悪でも短期保険証でとどまるようにしましょう。

滞納分を少しずつでも支払うことで、短期保険証を維持することができる場合もあります。(対応は各自治体によって異なります)

ちなみに、通常の保険証に戻るには、滞納分をすべて支払う必要があるので、支払いの余裕ができたら徐々に滞納分を支払うようにしましょう。

国民健康保険を滞納すると延滞金は発生する?

国民健康保険は滞納すると、延滞金が発生します。

延滞金は最大で年14.6%取られます。(自治体によって延滞金の割合は異なります。)

滞納すればするほど、どんどん延滞金が増えていくので、なるべく早めに支払ってしまうのがいいですね。

滞納金は相談すれば減免することはできる?

厳密な条件は各自治体で異なりますが、多くの場合、減額を認める制度があります。

また、支払い方法を分割払いにすることもできるので、国民健康保険が支払うのが難しくなった場合、窓口に相談しに行きましょう。

減額を認めるときの条件は?

減額を認めるときの主な条件というのは

「収入が減ったことを証明すること」です

 

例えば、「うつ病にかかり会社を首になりました。その影響で、収入が激減しています」という場合があったとしましょう。

この場合は、「うつ病であることの診断書」や「失業したことの証明書」を用意すればOKということです。

減免してほしいからと言って、嘘を付くのはよくありません。

万が一ばれた時には、何かあっても相談に乗ってくれることはないでしょう。

時効はあるけどその前に差し押さえられます

国民健康保険料にも時効があり、2年で時効を迎えることになります。

なので、「中には2年間無視し続ければいい」と思っている人もいるみたいですが、時効の前に口座を差し押さえられることが多いです。

しかも、いきなり口座を差し押さえられるので、運が悪いと会社の給料が振り込まれたときに口座を差し押さえられて、一文無しになるなんてこともあるみたいです。

 

どのタイミングで差し押さえを行うかは自治体によって違いますが、数か月で差し押さえを行う自治体もあるそうです。

財政状況の悪い自治体ほど、保険料の回収に力を入れているみたいですね。

自治体からの督促状を無視していると、差し押さえられる可能性がぐんと上がってしまうので、そうなる前に一度窓口に行って相談するのがいいでしょう。

そして、滞納分すべてを支払うのが難しい場合なら、分割払いにしてもらい少しずつでも支払っていくようにしましょう。

まとめ

国民健康保険は、税金のようなもので、すべての人が支払わなければいけないものです。

なので、支払いを後回しにするのではなく、なるべき先に支払ってしまうのがいいでしょう。

 

もしも、消費者金融などでお金を借りていて、その返済苦しんでいるという場合には、弁護士に相談して債務整理をするのも一つの手です。

債務整理をすることで、借金の取り立ても止まりますし、借金の減額ができる場合もあります。

一人で借金問題を抱え込むのはよくありません。
弁護士に相談するだけでも解決の糸口が見つかることがよくあります。

無料相談もあるので、とりあえず相談してみることをお勧めします。

>>匿名無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ