公共料金(電気・ガス・水道)の滞納したとき停止を延長できる?

Fotolia_56132361_Subscription_Monthly_XXL_R

  • 公共料金(電気・ガス・水道)が払えない時、停止を延長できるのか?
  • 公共料金(電気・ガス・水道)を滞納したとき停止日を伸ばすことができるのか?
  • 公共料金(電気・ガス・水道)を滞納して払えない時停止を待ってもらうための交渉ポイントとは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では公共料金(電気・ガス・水道)の停止の延長について詳しく説明していきます。

1.公共料金(電気・ガス・水道)を滞納したとき停止を待ってもらうことはできるか?

公共料金の支払いを滞納したことは悪いと思っていても、金銭的に支払うことができないときってありますよね。

電気・ガス・水道それぞれ停止を待ってもらうことができるかは、あなたが利用している会社によって大きく違います。

ただ傾向としては電気・ガスはあまり融通が利かず、水道は融通が利きやすいというのがあります。

 

これは電気やガスが止まっても死ぬリスクというのは小さいですが、水道が止まると飲み水がなくなる可能性があり危険だから、水道は融通が利きやすいのです。

滞納してから停止までの期間も水道が一番長いですからね。

利用している会社によって、どんな交渉をしてもダメなこともありますが、困っている場合はダメもとで交渉するのも一つの手です。

交渉をするときには以下のポイントを守って行うといいですよ。

2.公共料金(電気・ガス・水道)を滞納したときの停止日の延長交渉のポイントについて

交渉の仕方としては、ただ漠然と「待ってください」と言っても、聞いてもらえる可能性は非常に低いです。

今まで滞納をしてきたわけですから、電気・ガス・水道の担当者が「ずっと滞納する気なのでは?」と思うのが普通です。

 

そこでポイントになるのが「支払いの意思を見せる」ことです。

「○日に給料日なので、その日まで停止を待ってもらえませんか?」と具体的な支払日を伝えるようにしましょう。

そうすることで、期日までは停止を待ってもらえる可能性が高くなります。

必死な思いを伝えれば、なんとか停止日を待ってもらえることもあるので、一度試してみてください。

3.公共料金(電気・ガス・水道)の滞納金は分割払いできる?

公共料金(電気・ガス・水道)は滞納をしても、止められるまでに滞納分を1か月分でも支払えば停止を免れることができます。

公共料金(電気・ガス・水道)を滞納すると、停止予告通知が届くのでその段階になったら1か月分だけでも支払うことをお勧めします。

 

しかし、公共料金(電気・ガス・水道)を一度止められてしまうと、滞納している分をすべて支払わないと使えるようにしないという処置をとっているところが多いですね。

この場合は、どんな交渉をしても、「規則で決まっています」といった決まり文句で交渉の余地がないことが多いです。

会社によっては分割払いでもOKというところもありますが、あまり期待しないようにしてください。

すでに滞納をしている時点で、あなたへの信用度が下がってしまっているので、交渉をするのはなかなか難しいですね。

公共料金(電気・ガス・水道)を滞納した場合に、停止を延長してもらいたいのであれば、停止前に動くようにしてください。

まとめ

会社によっては、停止日を待ってもらえる可能性もあります。

ただし、一度停止すると滞納金を一括で支払う必要が出てきます。

停止日を延長したいのであれば、止められる前に1か月分だけでも支払いをするようにしましょう。

 

もしも電気・ガス・水道などの公共料金の滞納以外に、消費者金融での借金がある場合は債務整理をすることをお勧めします。

弁護士に債務整理の依頼することで、借金を減らすことができ、返済が楽になります。

借金の返済が楽になった分を公共料金の支払いに回すことができます。

なので、借金で困っている場合には、一度弁護士に相談してみることをおすすめします。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

2 Responses to “公共料金(電気・ガス・水道)の滞納したとき停止を延長できる?”

  1. 笹田まり子 より:

    水道料金滞納による給水停止予告書が届いていたので市役所に電話して5日まで待ってもらえないか聞いたのですが無理だと言われてしまいました!期日は2日です !なんとか給水停止にならない方法はありませんか?

    • 管理人 より:

      市役所ではなく水道局に連絡をしてみましたか?
      もしまだなのであれば「5日に必ず払う」と伝えれば、待ってもらえる可能性が高いです。

      また「滞納分も含めすべて支払う」と伝えれば、可能性はより高まるでしょう。(可能なのであれば)
      なので、それまでに親などを頼りお金を用意する努力をしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ