公共料金(電気・ガス・水道)を滞納したらどんな請求が来る?

Fotolia_45340117_Subscription_Monthly_XXL_R

「お金がなくて支払いに困ったら、公共料金の支払いを止める」という人はよくいますが、電気・ガス・水道などの料金を滞納した場合、どのような請求が来るのでしょうか。

この記事では、滞納してから停止までの請求の流れや請求方法について紹介しています。

滞納してから停止までの請求の流れについて

1回目の料金の支払い期日までに料金を支払わないと、滞納したことになります。

滞納をすると、「料金が未払いであること」と「支払いの要求」を通知する督促状が届きます。

この督促状の段階では、まだ停止されることはありません。

 

料金が未払いになった状態での督促状も無視し続けると、最終勧告が届きます。

そこには「○日までに料金が支払われていないので、○日までに支払われない場合には、停止させていただきます。」といった内容が書かれています。

つまり、「滞納→督促状→最終勧告」という流れで、電気・ガス・水道は止まるようになっています。

電気・ガス・水道が停止されるまでのおおよその期間についてはこちらの記事に詳しくまとめてあります。

>>公共料金(電気・ガス・水道)を何か月滞納したら止まる?

裁判になって給料や財産を差し押さえられることはあるの?

多くの人は電気・ガス・水道が使えなくなると困るので、裁判になる前に料金を支払いますが、止められてもなお支払いを拒み続けたら裁判になるのかと心配している人もいるでしょう。

中には「法的手段を使う」みたいな脅しを受けた人もいるようですが、現実的には裁判になることはめったにありません。

滞納しても数千円~数万円なので、裁判費用、人件費などがかかると実質マイナスになることの方が多いんですよね。

 

もちろん裁判になれば、滞納者は確実に負けます。

なので、仮に裁判となったとしたら、徹底的に争うのではなく、支払い方法についての話し合いがメインとなるでしょう。

ちなみに、裁判を欠席すると相手の無条件での勝訴となるので、給料や口座が差し押さえられる場合があります。

 

ただ差し押さえると言っても、口座を調べたり会社を調べたりするのにお金もかかるので、差し押さえを実行しない場合もあるみたいです。

裁判となり給料や財産が差し押さえられる可能性は非常に低いですが、だからといって踏み倒していいわけではありません。

少しずつでもいいので、支払いをしていくようにしましょう。

 

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ