家賃を滞納した場合、いつ保証人に請求が行くの?

 

Fotolia_54700857_Subscription_Monthly_XXL_R

どうしてもお金が用意できなくて、家賃を滞納してしまった場合、親が保証人だったりすると親には連絡してほしくないと思いますよね。

何か月家賃を滞納してしまったら、保証人への請求・連絡が行われてしまうのでしょうか。

この記事では家賃を滞納した場合の保証人の扱いについて書いています。

保証人と連帯保証人の違いについて

よく保証人と連帯保証人を一緒の意味で使っている人がいますが、実は意味は大きく違います。

保証人は請求された場合でも、本人への請求を優先するように言う権利があります。

連帯保証人は請求された場合、拒否権は一切なく支払いをしなければいけないのです。

拘束の強さとしては、「連帯保証人>保証人」となっているのです。

 

それで連帯保証人は借主と同じように支払いをしなければいけないことになっています。

極論を言ってしまえば、滞納していなくても連帯保証人に家賃の請求ができるのです。(普通はしませんけど)

なので、連帯保証人の場合はいつ請求するかは大家さんのさじ加減となっています。

ちなみに賃貸契約をするときには連帯保証人をつけることが多いです。

いきなり連帯保証人に連絡することは少ない?

いきなり連帯保証人に家賃の請求をすると、借主が「連帯保証人の人に恥をかいた!」と言ってくるなど余計なトラブルになることがあります。

余計なトラブルを防ぐため、「○日までに支払いがない場合は、連帯保証人に連絡する」という通知を送る大家さんが多くなっていますね。(必ずではないので注意)

 

もしも、連帯保証人に連絡をしてほしくなければ、その日までになんとかお金を用意するしかないです。

滞納分を全額支払えなくても一部だけ期日よりも前に支払いをするというのも有効な手段です。

 

例えば、2か月分の滞納があった場合、先に1か月分の家賃を支払うということです。

支払いの意志を見せたり、誠意を見せたりすることによって大家さんも考えを変えてくれるかもしれませんからね。

最終的には大家さんの判断で連絡されるものなので、家賃の支払いが遅れそうになったら大家さんに連絡する、滞納したことへの謝罪や反省を示すようにしましょう。

 

仮に家賃を滞納してしまっても、普段からきちんとした態度を見せておくことで、本当に嫌がることまではしてこないと思います。

理想は家賃を支払うことなので、できる限り早めにお金を用意して滞納分を支払いましょう。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ