家賃を滞納をした時に起こる問題・疑問まとめ

Fotolia_46102727_Subscription_Monthly_XXL_R

家賃を滞納してしまった場合、様々な疑問や問題が起こります。

この記事では、家賃を滞納した場合に起こる問題や疑問についてまとめています。

以下の内容は個別記事にて紹介しています。

この記事では以下の内容を説明していきます。

  1. 家賃の滞納は次の引っ越しの審査に影響する?
  2. 家賃を滞納した場合の延滞金を取られる?
  3. 家賃滞納の時効ってあるの?

1.家賃の滞納は次の引っ越しの審査に影響する?

家賃を滞納していると、引っ越し時の審査に通りにくくなるのではないかと心配する人もいます。

しかし、家賃を滞納していることは調べられないので、新しい部屋の審査には影響しません

同じ管理会社の場合は、審査に影響が出ないとは言い切れないので、滞納している場合は違う管理会社の部屋を探すのがいいですね。

 

ただ家賃を滞納しているとなると、収入状況が厳しいということが推察されます。

どの部屋を借りるにしても、支払っていくことができるかという審査が行われるので、収入面で審査が通らないことはあります。

審査が通らないようであれば、部屋のグレードを落として安い部屋に引っ越すようにしてください。

 

2.家賃を滞納した場合の延滞金を取られる?

家賃を滞納した場合は、大家さんは遅延損害金を取ることができます。

これは本来支払われるべき日にちに支払われなかった損害を賠償するお金です。

数日程度の滞納であれば、請求しない大家さんが多いですが、1か月を超えると多くの大家さんが延滞金として遅延損害金を取ります

遅延損害金の金額はいくらなのか?

遅延損害金については、おそらく契約書に書かれています。

契約書に書かれている場合は、最大で年14.6%が認められています。

それを超える金利が契約書に書いてあったとしても無効なので安心してください。

 

例えば、契約書に20%と書かれていても、それは無効となり、年14.6%の遅延損害金を支払えばOKです。

もしも、契約書に遅延損害金について書かれていない場合は、年5%or年6%の金利となっています。

3.家賃滞納の時効ってあるの?

家賃に限らず、多くの支払い関係には時効が存在します。

中には1~2年程度で時効となるものもあるのですが、家賃については結構長く、5年経過すると時効となります。

また、5年経過すればすべての滞納分がなくなるわけではなく、5年経過したもののみが時効の対象となります。

 

例えば、6年間家賃を滞納していたとしましょう。

すると、5年を超えている1年間については時効となっているので、お金を支払ってもらうことはできません。

しかし、5年を超えていない分については時効にはなっていないので、滞納分を請求することができます。

 

また、5年経てば自動的に時効となるのではなく、時効の援用を行って初めて成立するものとなっています。

これは5年経過しても支払いたいという人の意志を尊重するための措置となっています。

もしも5年前の家賃の滞納金を時効にしたいのであれば、弁護士に相談して時効の援用を行いましょう。

>>あなたの悩みにピッタリの弁護士を探すならこちらから

 

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ