ギャンブルの借金での債務整理は任意整理or民事(個人)再生

Fotolia_54700857_Subscription_Monthly_XXL_R債務整理と聞くと、自己破産を思い浮かべる人が多いですが、自己破産をしても免責が認められなければ借金は0にはなりません。

ギャンブルで作った借金の場合、免責不許可事由に当てはまるので原則として免責が認められません。

絶対に免責が認めら得ないのかというとそういうわけではないですが、難しいと思った方いいでしょう。

詳しい話はこちらにまとめています。

>>ギャンブルの借金で自己破産はできる?

 

任意整理と民事(個人)再生について

債務整理は自己破産以外にも任意整理や民事再生があります。

個人での民事再生は個人再生と言ったりしますね。

この2つどちらとも借金を作った理由に関係なく行える債務整理なので、例えギャンブルの借金だとしても問題ありません。

任意整理について

任意整理を選べば、今後かかる利息をカットした状態で原則3年で返済をします。

法律で決められている金利よりも高い金利で借りていた場合は、正しい借金額を算出するので借金が減額することもあります。

2007年よりも前からお金を借りていた場合は、減額する可能性が高いです。

借金が今以上に膨らむことなく返済をすることができるので、結構返済が楽になります。

返済期間は弁護士さんと相談することで交渉をしてくれるので、多少伸ばすこともできます。

民事(個人)再生について

個人再生の場合は、以下に基づいて借金を減額したのち原則3年で返済します。

  • 借金額が100万円以下は減額なし
  • 借金額が100万円~500万円の場合は、100万円に減額
  • 借金額が500万円~1500万円の場合は、借金額の20%に減額

となっています。

例えば、400万円借金をしていた場合は100万円を返済することになります。

月々の返済額は約28000円なので、これならば返済していけるのではないでしょうか。

まとめ

消費者金融やカードローンの場合、審査が甘いために金利が高く設定させているので利息を支払うだけでも精一杯になってしまいがちです。

しかし、任意整理や個人再生をすれば十分に返済可能になることができます。

 

任意整理や個人再生をするにあたって素人知識でやろうとすると損をすることもあります。

それに手続きがかなり大変なので、専門家である弁護士に依頼するのが一般的です。

借金返済に困っているのでしたら、とりあえず無料相談を弁護士とするといいですよ。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ