パチンコ依存症で多額の借金!パチンコ依存をやめる方法とは?

Fotolia_53100844_Subscription_Monthly_XXL_Rパチンコやスロットをやっているといつの間にか依存症となっていることがあります。

特徴としては、パチンコやスロットのことばかり考えるようになって、行く回数がどんどん増えていくそうです。

パチンコをやっていて勝てるようであれば、依存状態になっていたとしても大きな問題とはなりません。

 

しかし、ほとんどのパチンコ依存症者は負けます。

負けているのにもかかわらず負けた分を取り返そうと続けてしまうのです。

続ければ続けるほど負ける金額が蓄積していくので、その結果として多額の借金を抱えることになります。

つまり、パチンコ依存症と借金には大きな関係性があるのです。

 

また、パチンコのためにお金を借りる場合、消費者金融からお金を借りていること多いです。

消費者金融でお金を借りると銀行と比べるとはるかに金利が高いので、利息を支払っていくだけでも大変です。

最初のうちは、借りる金額が少ないので「これくらいの利息なら払える」と思っていても借りる金額が多くなると利息だけで3万円以上になることも珍しい話ではありません。

返済困ると他の消費者金融からお金を借りて返済しようとします。

 

ひどい人は他の消費者金融からお金を借りてパチンコで増やして返済しようと思うので、より借金額が増えやすいです。

パチンコで負けているから借金を作っているわけですから、そう簡単にパチンコで稼げるようになるわけではありません。

 

こういったことを繰り返しているうちに、自分の力ではどうしようもならないくらいの借金額になっています。

中には借金の返済に困り自殺してしまう人までいますね。

死にたくなければ、やばいと思った段階でパチンコをやめる努力や借金を返済する方法を考える必要があります。

パチンコ・スロット依存をやめる方法とは?

パチンコ・スロットのことを考えないようにする

パチンコやスロットのことを考えてしまうから、パチンコやスロットをやりたくなってしまうのです。

別のことに没頭していたら、パチンコをしに行こうなんて考えないですよね?

なので、できる限り考えないようにしたり、頭に浮かんだ瞬間に別のことを考えるようにしましょう。

その時に他の趣味を持っていれば、そちらのことを考えることができます。

ゲームでも映画でもなんでもいいので、他の趣味を見つけてそのことを考える癖を付けましょう。

借金は整理する方法とは?

借金の返済に困っている場合、弁護士に相談をして債務整理をするという方法があります。

債務整理と聞くと自己破産を思い浮かべるかもしれませんが、ギャンブルで作った借金の場合自己破産できないことが多いです。

なので、現実的には任意整理や個人再生などの借金の減額を行って残りを返済するという方法をとることになります。

それでも今以上に借金が増えないので今の収入のままでも返済可能になります。

 

債務整理をするにあたって手続きが面倒だったり、難しいことも多いので弁護士に依頼をするのがいいでしょう。

また、債務整理をすることで消費者金融でお金を借りられないようになります。

これは一般的にはデメリットと言われていますが、無駄にお金を使ってしまう人の生活を矯正する効果があります。

なので、まっとうな生活を送りたいと思っているのであれば、むしろメリットとなるでしょう。

パチンコで必要以上にお金を使うから苦しい生活を送ることになるのです。

お金を借りられない状態になれば、自分の収入の範囲でなんとかするようになるので無駄にパチンコにお金を使うことがなくなります。

こういった意味でも債務整理をすることは有効なのです。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談をするならこちら

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ