自己破産をするときに同時廃止になる基準や費用、期間とは?

Fotolia_53279513_Subscription_Monthly_XXL_R

  • 自己破産の同時廃止の場合の費用はいくらかかる?予納金や弁護士費用はいくら?
  • 同時廃止の自己破産の場合どれくらいの期間で手続きが終わる?
  • 自己破産が同時廃止になる基準と管財事件になる基準とは?
  • 自己破産が同時廃止のなる確率は?どれくらいの割合が同時廃止なのか?
  • 免責不許可事由があると同時廃止で自己破産はできないのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自己破産の同時廃止について詳しく説明していきます。

1.自己破産が同時廃止の基準とは?管財事件になる分かれ目とは?

同時廃止になるのは、管財事件として扱うほどの資産がないというのが大きな基準となっています。

どれほどの資産ならば許されるのかというのは、一つの基準として20万円というのがあります

例えば、貯金が20万円以下であれば、同時廃止を行えるということです。

 

この時、1つの項目ごとが20万円以下であれば同時廃止を行える可能性が高いです。

例えば、貯金が15万円、保険の解約金が15万円、車の価値が10万円の場合は合計すると40万円になりますが、それぞれが20万円以下なので、同時廃止を行えます。

ただ厳密な話をすると、20万円を超える場合でも、自由財産の拡張を使うことで同時廃止でも大丈夫なこともあります。

細かいやり方は依頼する弁護士に相談をしてみてください。

・免責不許可事由にあてはまる場合は、同時廃止ではなく管財事件になる

同時廃止で自己破産ができるかどうかの基準については、もう一つ免責不許可事由に当てはまるかどうかというのがあります。

免責不許可事由にあてはまる可能性がある場合には、破産管財人をつけて詳しく調査を行う必要があります。

そのため同時廃止ではなく管財事件で自己破産を行うことになります。

例えば、

  • 自分の趣味のためにお金を浪費して借金を作った場合
  • ギャンブルにはまって作った借金の場合
  • 財産を隠している可能性がある場合
  • 過払い金が発生している可能性がある場合
  • 自己破産の手続きを行う前に一部の債権者だけに返済している場合

などがあります。

 

ただ管財事件になることは悪い話でもなく、本来であれば免責が認められない場合でも、裁量免責で免責を認めてくれる可能性があります。

免責不許可事由に当てはまる可能性があるからと言って、自己破産をするのを諦めないほうがいいですよ。

・持ち家やマンションなどの不動産がある場合に同時廃止は無理?

自宅などの不動産がある場合には、基本的に管財事件となり50万円近くの予納金を納める必要があります。

しかし、住宅ローンを組んでいる場合、住宅ローンの残高がとても大きな額の場合ってありますよね。

それだと実質的に資産がない状態とみなすことができるので、同時廃止を行うことができることもあります。

もう少し厳密な話をすると、オーバーローンの状態で、不動産の価格の1.5倍以上のローンが残っている場合に同時廃止ができます。

オーバーローンとは、不動産の価値よりもローンの残高の方が大きい状態を指します。

 

例えば、1000万円の価値の不動産ならば、ローンの残高が1500万円以上ある場合には、自己破産をしたときに同時廃止で手続きを行える可能性があります。

不動産価格の何倍以上のローンが残っている場合に同時廃止できるかは、裁判所の判断で決まります、

なので、住宅ローンが残っている場合には、同時廃止手続きができるかどうかを一度弁護士に聞いてみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

2.自己破産が同時廃止手続きになる割合や確率はどれくらい?

個人の自己破産の場合、一時は9割近くが同時廃止で自己破産をすることができました。

しかし、最近の傾向としては、同時廃止手続きよりも管財事件で自己破産を行う確率が高くなっています。

そのため

  • 同時廃止:65%
  • 管財事件:35%

となっています。

同時廃止の手続きは、あまりに簡略化され過ぎているので、本来であれば管財事件で行うのがまっとうな形です。

今は20万円ほどあれば、少額管財で自己破産ができるので、ハードルも少し低めになっています。

同時廃止で自己破産を行いたいのであれば、ますます自己破産に詳しい弁護士を頼る必要性が高まっています。

3.自己破産の同時廃止の場合の費用はいくらかかるのか?

同時廃止の場合は、管財事件と比べて大幅に安い金額で申し立てを行うことができます。

合計の値段は、2万500円ですね。(即日面接事件の場合は1万5790円)

少額管財でも20万円かかることを考えると、かなり手ごろな値段で自己破産を行えるようになりますね。

資産がほとんどない場合には、同時廃止を利用したほうがいいでしょう。

 

ちなみに弁護士費用は同時廃止手続きだからと言って安くなるわけではありません。

自己破産の弁護士費用の相場は、20~40万円ほどとなっています。

自己破産に詳しい弁護士であれば、同時廃止手続きにするコツなどをよく知っています。

なので、もし自己破産する場合には、自己破産を含めた債務整理に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

4.自己破産の同時廃止手続きの場合の期間はどれくらい?

同時廃止は、破産の手続き開始と同時に破産の手続きが終了するというものです。

財産の調査を行う必要がない分、管財事件と比べて手続きが2か月程度早く終わります。

なので、おおよそ3~4か月程度で手続きが終了します。

管財事件となると1年以上もかかることがあるので、それに比べるととても早く終わることが分かりますね。

まとめ

同時廃止をすれば、費用が安く手続きも早く終わるので、非常に楽に自己破産をすることができます。

ただ基準があいまいなところが多いので、なるべく弁護士に破産の依頼をした方がいいですね。

自己破産に詳しい弁護士に依頼をした方が結果的に、費用が安くなることはよくあることなので、一度弁護士に相談してみてください。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ