自己破産時に自動車を残すことはできる?名義変更は可能?

Fotolia_48265569_Subscription_Monthly_XXL_R

自己破産をすると資産を手放さなくてはいけないのですが、日常生活で車が絶対に必要ということもありますよね。

そういった時に車を残したいと思うのは自然なことです。

自動車を残すためには、いくつか条件があるので、この記事では自己破産時に自動車を残す方法を紹介しています。

  • ローンが残っている場合の対処方法
  • ローンが残っていない場合の対処方法

ローンが残っている場合の対処方法について

ローンが残っている場合は、名義が誰のものになっているかがポイントです。

信販会社のローンを組んだ場合はローンを完済するまで、ローン会社か自動車販売業者になっていることが多いです。

ローンを完済するまでは、厳密には車を購入した人のものではないということです。

この場合に、自己破産をすると車はローン会社に持っていかれることになります。

 

ローン会社に持っていかれるのを防ぐには、ローンの名義人を変更するという方法があります。

親や兄弟などの親族にローンの名義を移すことができれば、自己破産をしてもローンの支払いを継続することができるので、車を処分する必要がなくなります。

ただし、名義変更には厳しい審査があるみたいなので、必ず名義変更できるとは限りません。

細かいところについては、人によっても異なるので弁護士に相談をしてから行いましょう。

>>匿名・無料で自己破産に詳しい弁護士に相談するならこちらから

ローンが残っていない場合の対処方法について

基本的にはローンが残っていない場合は、車を手放さなければいけないのですが、対策としては2つの方法があります。

  1. 20万円以下の価値しかない場合
  2. 親や親戚に買い取ってもらう

1.20万円以下の価値しかない場合

車の査定額が20万円以下の場合は、資産とみなされずに処分する必要がありません。

その他の資産(貯金など)と合わせて99万円以下であれば、自由財産となり、所有したまま自己破産を行うことができます。

 

この時に車の査定額が車を残せるか残せないかのポイントになるので、査定時に少し安めに見積もってもらい20万円以下にするという裏ワザがあります。

複数の査定額の証明があれば、破産管財人を説得しやすくなるでしょう。

※過剰に安くすると後で突っ込まれる可能性があるので、少し安くすれば残せる場合だけにしてください。

2.親や親戚に買い取ってもらう

車を相場に近い値段で買い取ってもらうことで、そのまま車に乗り続けることができます。

車を買い取るタイミングは「自己破産をする前」「破産管財人(財産を処分する人)から買い取る」という2つのタイミングがあります。

 

どちらでもいいのですが、自己破産をする前に売る場合には、そのお金をきちんと残しておかないといけないです。

買い取られたときのお金の扱い方などは微妙な判断になってくるので、弁護士に相談してください。

まとめ

自己破産では基本的には車を手放さなくてはいけません。

しかし、他人の協力によって今まで通りに車を乗り続けることもできるので、一度弁護士に相談してから車の手続きを行いましょう。

間違った車の処理をすると、あとで破産管財人に車を返すように言われる場合があります。

そうなるとせっかく守ることができた車を手放すことにもなるので、気を付けてください。

>>匿名無料で自己破産に詳しい弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ