自己破産時に自動車を残すことはできる?名義変更は可能?

Fotolia_48265569_Subscription_Monthly_XXL_R

自己破産をすると自動車などの財産を没収されると言われています。

  • 自己破産しても自動車を残す方法とは?
  • 名義変更すれば自己破産しても車を没収されない?
  • 車の所有権がローン会社にある場合車はどうなる?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自己破産しても自動車を残す方法について詳しく説明していきます。

1.自己破産時にローンが残っている場合に自動車は残せるのか?

ローンが残っている場合は、名義が誰のものになっているかがポイントです。

ローンを組んで自動車を購入する場合、車検証に書かれている所有者はローン会社になっていることが多いです。

ローンを完済するまでは、厳密には車を購入した人に所有権がないということになります。

 

ローン会社が自動車の所有権留保しているので、自己破産してローンが支払われないことが分かるとローン会社に車を引き揚げられることになります。

ローン会社は引き取った車を売却することでローンの補填をします。

・ローン会社に車を没収されるのを防ぐ方法は?

ローン会社に持っていかれるのを防ぐには、ローンの名義人を変更するという方法があります。

親や兄弟などの親族にローンの名義を移すことができれば、自己破産をしてもローンの支払いを継続することができるので、車を処分する必要がなくなります。

 

ただし、名義変更には厳しい審査があるので、必ず名義変更できるとは限りません。

ローン会社によっては名義変更そのものを認めないことがあります。

名義変更を認めているローン会社でも「新しい名義人は本当にローンを払うことができるのか?」というのがポイントになります。

自動車ローンの審査に通るような収入や勤続状況ならば名義人の変更ができる可能性が高いです。

 

ただ自己破産前の財産の移動は弁護士に相談の上手続きを行ったほうがいいです。

間違った処理をすると自己破産するときに財産を没収される可能性があります。

そんな失敗をしないためにも弁護士に相談をしてから行いましょう。

>>匿名・無料で自己破産に詳しい弁護士に相談するならこちらから

2.自己破産時にローンが残っていない場合に自動車を残す方法とは?

ローンが残っていない場合は、ローン会社ではなく裁判所に車を没収されてしまいます。

ただ車は必ずしも没収されるわけではありません。

また自動車を残す方法もあるので合わせて紹介していきます。

  • 車の価値が20万円以下の場合
  • 車を親や親戚に買い取ってもらう

・車の価値が20万円以下の場合

自己破産をするときには車の価値が20万円以下の場合、資産とみなされずに処分する必要がありません。

その他の資産(貯金など)と合わせて99万円以下であれば、自由財産となり、所有したまま自己破産を行うことができます。

 

この時に車の査定額が車を残せるか残せないかのポイントになります。

車の査定額の証明として、自動車査定書の提出が求められます。

ただ車買取店などでは自動車査定書の作成を受け付けてくれない場合があります。

その場合は車種・年式・走行距離などと一緒に名刺の裏に金額が書かれているだけでも大丈夫な場合があります。

この辺については裁判所によっても対応が異なるので弁護士に相談してみてください。

また一社だけの見積もりではなく、複数の業者の見積もりを取ることをお勧めします。

業者によって査定額は異なるので、その中でも安いところならば20万円以下になる可能性があります。

・車を親や親戚に買い取ってもらう

親や親戚に車を相場に近い値段で買い取ってもらって、その車を使わせてもらうことで今の車の残しておくことができます。

車を買い取ってもらうタイミングは「自己破産をする前」「破産管財人(財産を処分する人)から買い取る」という2つのタイミングがあります。

どちらでもいいのですが、自己破産をする前に売る場合には、そのお金をきちんと残しておかないといけないです。

買い取られたときのお金の扱い方などは微妙な判断になってくるので、弁護士に相談したうえで車の売買を行うようにしましょう。

>>匿名・無料で自己破産に詳しい弁護士に相談するならこちらから

3.自己破産前に自動車の名義変更するのはOK?

自己破産で没収されるのは破産者本人が所有者になっている自動車です。

そのため家族に名義変更をすれば、自動車を没収されないのではないかと思うかもしれません。

例えば、夫が自己破産をするとき妻の名義に変更するなど

それならわざわざ親や親族に買い取ってもらわなくてもいいので、余計なお金を支払わなくて済みます。

しかし、自分の財産を隠して自己破産をするのは免責不許可事由に当てはまります。

 

自己破産するにあたって債権者に対しても公平でなければいけないので、自分の財産だけを残しておくということは禁止されています。

名義変更が裁判所にばれると自己破産の手続きをしても免責が認められずに借金が帳消しになりません。

なので、名義変更だけをするというのは絶対にやめましょう。

まとめ

自己破産では基本的には車を手放さなくてはいけません。

しかし、他人の協力によって今まで通りに車を乗り続けることもできるので、一度弁護士に相談してから車の手続きを行いましょう。

間違った車の処理をすると、あとで破産管財人に車を返すように言われる場合があります。

そうなるとせっかく守ることができた車を手放すことにもなるので、気を付けてください。

 

ただ自己破産しても新しく車を購入してまた車を所有することはできます。

なので、無理に車を守る必要はないですよ。

>>匿名無料で自己破産に詳しい弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ