自己破産のデメリットの影響範囲は?家族や会社に影響出る?

自己破産 影響

  • 自己破産のデメリットは家族に影響するのか?
  • 自己破産によって会社や仕事に不都合が出ないか?
  • 自己破産の影響範囲はどれくらいか?
  • 自己破産することによって家族や兄弟に迷惑をかけることになるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自己破産の影響範囲について詳しく説明していきます。

1.自己破産すると家族や配偶者や子供に影響は出るのか?

自己破産することで、借金を帳消しにすることができますが、その代わりにいくつかのデメリットがあります。

自己破産をして自分にデメリットがある分には、しょうがないと思いますが、家族に迷惑はかけたくないという人も多いと思います。

自己破産をした場合には配偶者や子供など家族に影響が出ることはあるのでしょうか?

 

結論から言いますと、自己破産をしても家族や配偶者や子供に直接的な影響はありません。

ただ間接的なデメリットで家族や配偶者、子供などに迷惑をかける可能性はあります。

自己破産のメリットもデメリットも破産者本人だけにしか影響はしないのですが、破産者本人が一家の収入の大黒柱だった場合、間接的に家族や配偶者、子供にも影響が出ます。

自己破産のよくある影響についてそれぞれ説明していきます。

・持ち家を手放さなければいけない

自己破産をすると持ち家を手放さなければいけません。

これは住宅ローンを支払っている場合はもちろん、住宅ローンを払い終えている場合も持ち家は裁判所に没収されて競売にかけられることになります。

破産者の名義になっている家は自己破産で処分されてしまうわけです。

持ち家がなくなることで、今住んでいる場所から引っ越す必要があります。

引越し先によっては、「通勤時間が長くなる」「子どもの学校転校」「ご近所づきあい」など家族に影響が出てきます。

・車を手放さなければいけない

時価が20万円以上の車は自己破産をすると没収されてしまいます。

田舎だと車が足になるので、没収されると通勤や子供の送り迎えなどに影響が出ます。

ただ自己破産の手続き開始後に車を買うことは禁じられていないので、安い中古車を買うことで、この影響は最小限に抑えることができます。

・家族のクレジットカード新しく作れなくない、借り入れができない可能性がある

自己破産をしてクレジットカードが使えなくなる、ローンが組めなくなるのは、あくまで破産者本人だけです。

信用情報に自己破産をした情報が載るのは、破産者だけで家族が載ることはありません。

そのため配偶者がローンを組んだりクレジットカードを作ることは基本的には問題ありません。

実際には配偶者が自己破産をしているとなると審査が通らないケースがあります。

ブラックリストに載っている人と同じ場所に住んでいるということで、審査に若干影響が出ることもあります。

すべての消費者金融やクレジットカード会社が当てはまるわけではありませんが、少し審査に通るのが難しくなると思っておいた方がいいでしょう。

・学資保険の解約

解約返戻金が付いている保険は自己破産の時に財産とみなされるので解約しなければいけません。

学資保険の入学祝い金を学費に使おうと考えていた場合には、子供の教育に影響がでます。

保険を解約せずに継続する方法もあるので、どうしても学資保険を解約したくない場合には自己破産に強い弁護士に相談をしましょう。

ちなみに子供が将来借りる奨学金には影響がないので安心してください。

奨学金を借りるのはあくまで子供本人となるので、親が自己破産をしていても関係はありません。

 

このように自己破産をすることで間接的に家族に影響が出る場合もあります。

もし家族に迷惑をかけたくないのであれば、自己破産以外の方法で借金を整理するしかありません。

自分では自己破産しかないと思っていても、案外他の方法で借金問題が解決することもあります。

本当に自己破産する必要があるのか気になるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのかだけでも調べることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

2.自己破産すると親・兄弟・孫に影響は出るのか?

結論から言いますと、親や兄弟や孫には自己破産をしても影響はありません。

同居している場合には上で説明したような影響が出る可能性もありますが、別居しているのであれば影響はないと思って大丈夫です。

 

ただし一つだけ注意点があります。

それは借金の保証人になっている場合は影響が出ます。

ローンを組むときに親や兄弟に保証人になってもらっていた場合、自己破産をすると借金の請求が保証人に行くことになります。

自己破産では整理する借金を選ぶことができないので、保証人が付いている借金、付いていない借金すべてを整理することになります。

なので、もし保証人が付いている借金がある場合には自己破産をする前にきちんと相談しておくことが大事です。

 

また保証人に借金の請求が行くのが困るのであれば、自己破産以外の債務整理である任意整理で借金を整理する必要があります。

もしくは保証人と一緒に自己破産をすることで、親や兄弟などの保証人が借金を返済をせずに済みます。

この辺りは複雑な問題なので、一度債務整理に強い弁護士に相談してみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

3.自己破産すると会社に影響が出るのか?

結論から言いますと、基本的に自己破産をしても会社や仕事には影響は出ません。

そもそも自己破産をしたことが会社にばれること自体がほとんどありません。

また仮に自己破産をしたことが会社にばれても、自己破産を理由に解雇することはできないので、そのまま働き続けることはできます。

 

ただ注意しなければいけないのは、会社から借金をしている場合です。

この場合は自己破産をするときに必ず通知しなければいけないので、会社に自己破産をすることがバレてしまいます。

また自己破産によって会社の借金を踏み倒すわけですから、会社に損害を与えたことになります。

この場合、損害を与えたことを理由に会社をクビになる可能性があります。

この判断は金額にもよるので、一概には言えません。

ただ仮にクビになったとしても転職することはできるので、借金の返済に悩んでいるなら思い切って自己破産するのもありだと思います。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ