仕送りなどの親からの援助金は自己破産でどうなる?

自己破産をする前にお金に困っていると親から仕送りなどの援助をしてもらうことがあります。

  • 仕送りは自己破産で没収されるのか?
  • 援助してくれている親に自己破産をしたことがバレるのか?
  • 自己破産時に援助についての証拠を提出する必要はあるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自己破産と援助について詳しく説明していきます。

1.親から援助されたお金(仕送りなど)は自己破産で没収される?

結論から言いますと、仕送りそのものを自己破産で没収されることはありません。

自己破産では生活するために最低限必要なものは没収されない決まりになっています。

仕送りは生活するうえで必要なものなので、自己破産で没収されることはなく自由に使うことができます。

 

ただ気を付けなければいけないのは、仕送りが銀行口座に振り込まれて預金となっている場合です。

預金の残高が20万円以上を超えている場合には預金の内訳に関係なく没収される可能性が高いです。

仕送りだから没収されないというわけではなく、銀行口座に振り込まれている時点で単なる預金とみなされるのです。

自由財産の拡張で合計資産が99万円までであれば、預金の没収を免れることもできます。

この辺については自己破産に強い弁護士に相談してできる限り資産を守ってもらうことをお勧めします。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

 

大人になってからも仕送りをもらっている場合には、生活がギリギリの状態になっていると思います。

なので、毎月余るほどのお金が出ているとは考えにくいので、よほどの高額なお金をもらっていない限り裁判所に取り上げられるという心配は必要ないと思います。

また自己破産の手続き開始決定後であれば、仕送りをもらっても自由に使うことができます。

もし自己破産をするために親からの援助をしてもらうときには、自己破産の手続き後に援助をしてもらったほうが今後の生活の立て直しに使うことができます。

自己破産前に高額なお金をもらっても没収される可能性があるので注意が必要です。

2.親からの援助金を証明する必要はある?

「親の銀行口座の通帳を要求されるのではないか?」
「親の収入証明が必要なのか?」
「手渡しで援助金をもらった場合証明ができないと自己破産できないのか?」

など気になることがあると思います。

ただ基本的には援助金の証明はしなくても自己破産の手続きができることが多いです。

もちろん厳密な話をすると裁判所によって異なるのですが、親からの仕送りだときちんと説明すればいちいち証明するための書類の提出を求められないことが多いです。

なので、自己破産をするときにわざわざ親に連絡する必要はありませんよ。

3.仕送りなどの援助をしてくれる親に自己破産がバレるのか?

結論から言いますと、基本的にはバレません。

自己破産をするときには破産者の収入状況や資産状況を調査します。

申立書に親の援助や仕送りを書くと親に連絡がいきそうな感じがしますが、わざわざ連絡はしません。

ただその仕送りが明らかに不自然で何らかの調査が必要だと裁判所や破産管財人が思った場合には、連絡がいく可能性もあります。

仕送りだと隠していたりすると余計な調査を招く可能性もあります。

きちんと正直に親からの仕送りだと伝えていれば、まず親に電話や手紙などで連絡がいくことはないでしょう。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ