子供の学費を滞納している状態で自己破産するとどうなる?

自己破産をするとき子供の学費の支払いを滞納している場合もあると思います。

  • 子供の学費の滞納金は自己破産の対象?
  • 大学の学費を自己破産すると退学になる?
  • 学費を滞納して自己破産したら学校にばれる?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では子供の学費の自己破産について詳しく説明してきます。

1.子供の学費の滞納金は自己破産の対象?

結論から言いますと、子供の学費の滞納金も自己破産の対象です。

自己破産はお金を借りた場合だけでなく、滞納金も整理の対象となっています。

滞納金もある意味借金みたいなものですからね。

 

国公立の小学校・中学校・高校であればそれほど学費も高くないので、何とか支払っていけるという人も多いと思います。

大学になると学費も跳ね上がり支払いが困難になるケースもあります。

ただ多くの場合子供の学費を滞納する前に消費者金融や銀行などからお金を借りていることが多いと思います。

その借金の返済も厳しくて学費も支払えないという場合には、借金と一緒に自己破産することも視野に入れておく必要があるでしょう。

2.学費の滞納金を自己破産すると退学になる?

そもそも自己破産に関係なく、学費を滞納していると最終的には退学になります

義務教育である公立・国立の小学校・中学校であっても、制度上は除籍処分になることになっています。

滞納してすぐに退学ということはありませんが、何回か督促状が届き猶予期間が設けられます。

その猶予期間中に学費を納めないと退学処分になることが多いです。

退学までの期間は学校によって異なりますが、1年ほどの学費の滞納で退学処分になることが多いです。

 

どうしても学校に通い続けたいという場合には、黙って滞納し続けるのではなく、きちんと学校に相談することをお勧めします。

分納で対応してもらえたり、奨学金制度を教えてもらったりなど何とかして子供を学校に通わせる方法を教えてくれます。

一人で抱え込んでいても問題は解決しないので、一度学校に相談してみてください。

 

ちなみに自己破産をしたからと言って退学処分になるわけではありません。

きちんと授業料を支払っていれば、問題なく学校に通い続けることができます。

また自己破産手続き中に授業料などの学費を支払っても特に問題はありません。

なので、自己破産したからと言って子供の学業に支障をきたすことはありませんよ。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

3.学費を滞納して自己破産したら学校にばれる?

学費を滞納している状態で自己破産をすると、学校は債権者の一人になります。

自己破産をするときにはすべての債権者に通知をする必要があるので、学校にも自己破産をしたことがバレてしまいます。

 

学校に自己破産をすることをばれたくなければ、自己破産をする前に滞納金を学校に支払う必要があります。

ただ一部の債権者だけに優先して返済を行うと、自己破産をしても免責が認められず借金が帳消しにならない可能性があります。

子供の学費については例外的に返済を認めてもらえる可能性はありますが、非常に複雑な問題となっているので自己破産に詳しい弁護士に相談の上、どう対処するかを決めることをお勧めします。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ