銀行員は自己破産できる?銀行をクビになる?

自己破産 銀行員

  • 銀行員が自己破産をすると銀行を解雇されるのか?
  • 銀行員が自己破産すると勤めている銀行にバレてしまうのか?
  • 銀行員がクビにされずに借金を返済する方法は?
  • 親の自己破産は子供の銀行の就職に関係ある?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では銀行員と自己破産について詳しく説明していきます。

1.銀行員が自己破産すると銀行をクビになるって本当?

銀行員でも多額の借金を抱えて借金が返済できないという状態になることはあります。

銀行というお金を扱っているところで働いている以上、銀行員が自己破産するのはあまりよくないというイメージがあるかと思います。

もし銀行員が自己破産した場合、銀行をクビにされてしまうのでしょうか?

 

結論から言いますと、銀行をクビになる可能性もあります。

普通のサラリーマンであれば自己破産をしてもクビになることはありません。

そもそも自己破産をしたことが会社にばれるということがないので、心配する必要もないのです。

しかし銀行となると自己破産をしたかどうかを調べることができます。

またいくつかの理由からクビを宣告される可能性があります。

・自己破産による資格制限

自己破産をすると一時的に資格に制限が出ます。

例えば、弁護士や税理士、司法書士などの士業の職業は一時的に働くことができないように法律で決まっています。

そういった資格制限される職業はいくつかあるのですが、銀行員に大きく関係してくるのは

  • 証券取引外務員
  • 生命保険募集員
  • 不動産鑑定士

などがあります。

これらの業務に関わっている場合には、自己破産の手続き中働くことができません。

働くことができないからと言って、強制的に解雇されるわけではなく、会社に相談して部署を移動してもらえば働き続けることも可能です。

ただ銀行という性質上、あまり自己破産をする人を良く思いません。

なので、なんだかんだ理由をつけて退職を進めてきたりクビにする可能性がないとは言えません。

・勤めている銀行からお金を借りている場合

自分が勤めている銀行に借金をしている銀行員は結構多いです。

ですが、その場合自己破産をすると自分の会社に損害を与えることになります。

会社に損害を与えたという理由でクビになる可能性があります。

また自己破産をするときには、すべての債権者に対して通知を行うことになります。

そのため勤めている銀行にあなたが自己破産をすることがバレてしまいます。

 

自己破産では整理する借金を自由に選ぶことができず、すべての借金が含まれることになります。

なので、あなたが勤めている銀行からお金を借りている場合は他の債務整理の方法で借金を整理するという選択肢もあります。

自分では自己破産するしかないと思っていても、他の方法で大丈夫な場合もよくあります。

本当に自己破産する必要があるのか気になるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのかだけでも調べることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

・就業規則に書かれている場合

銀行はお金を扱うという仕事上、社会的に信用度の高い人を雇用したいと考えています。

そのため採用の段階ではブラックリストに載っているかどうかをチェックしているという噂もあります。

そのため過去に滞納をした人や債務整理をした人などは採用されにくい傾向があります。

また採用時以外にも就業規則として「自己破産をすると解雇する」と書かれている場合もあります。

法律上は自己破産をしたらかといって、クビにするのは不当解雇に当たります。

そのため会社と裁判などで争えばそのまま働ける可能性もあると思います。

ただ会社と揉めたとなると今後の昇進の査定にも響きますし、周りの目もあるので会社に居づらくなるのが現状です。

結果として、退職という選択をせざるを得ない可能性があります。

2.銀行員は自己破産ではなく他の債務整理で整理することをお勧め!

以上で説明したように銀行員が自己破産をすると銀行をクビになる可能性はあります。

もちろん働き続けることができる場合もありますが、転職も視野に入れておいた方がいいです。

銀行で働き続けたい場合には自己破産以外の債務整理で整理することをお勧めします。

借金状況や収入状況によっては自己破産以外でも借金を整理することができます。

特に銀行員の場合お給料がいいので、自己破産しないでもなんとか返済できるケースが多いです。

本当に自己破産する必要があるのか気になるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのかだけでも調べることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

3.親が自己破産すると子供が銀行員になるとき影響は出る?

銀行は社会的に信用力の高い人を選ぶ傾向がありますが、親が自己破産をした場合、子供の銀行に就職に影響は出るのでしょうか?

結論を言いますと、親が自己破産しても子供は銀行員になれます。

親が自己破産をしているからという理由だけで不採用が決定するわけではありません。

 

銀行が調べようと思えば親が自己破産をしているかどうかを調べることはできます。

しかしだからと言って採用するときに親が自己破産をしたかどうかまでは調べません。

あくまで重要視されるのは、個人の能力(学歴なども含む)です。

なので、親が自己破産したからと言って子どもが銀行員になるのを諦める必要はないですよ。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ