自己破産で医療費や治療費や入院費の滞納は免責になるのか?

重い病気にかかると高額な医療費や治療費、入院費がかさみ払うことが難しくなる人はたくさんいます。

  • 医療費や治療費、入院費の滞納は自己破産で帳消しにできるのか?
  • 連帯保証人付きの場合は自己破産するとどうなる?
  • 自己破産後治療を受けることはできるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では医療費や治療費、入院費などの滞納の自己破産について詳しく説明していきます。

1.医療費や治療費や入院費の滞納は自己破産の免責対象なのか?

結論から言いますと、医療費や入院費、治療費などの滞納も自己破産の免責の対象となっています。

滞納金というのはある種の借金なので、消費者金融やカード会社などの他の借金と一緒に自己破産で帳消しにすることができます。

 

ちなみに自己破産をするときに免責が認められないものの代表例としてはギャンブルや浪費が原因の借金の場合です。

ギャンブルや浪費は免責不許可事由となっています。

しかし病気やけが、持病の治療のためのお金は免責不許可事由の中に入っていないので、自己破産をすれば特に問題なく免責を認めてもらうことができます。

 

思わぬ病気やけがで高額な治療費が払うことができないという場合には、自己破産を検討するのは正しい選択だと思います。

自己破産の検討中であっても一度債務整理に強い弁護士に相談することをお勧めします。

もしかしたら自己破産せずに借金を整理する方法を教えてもらえるかもしれませんよ。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

2.連帯保証人付きの医療費・治療費・入院費がある場合は要注意!

病院に入院することになったり高額な手術を受けることになったりした場合、身元引受人兼連帯保証人の署名・押印を求められるケースがあります。

連帯保証人付きの医療費や治療費、入院費を自己破産してしまうと連帯保証人に請求が行くことになります。

 

自己破産の免責で借金が帳消しになるのは、あくまで本人の借金や滞納金のみです。

家族や親族など他人には効果がないので、連帯保証人のところに請求が行きます。

滞納している医療費を連帯保証人が払うことができれば問題はないのですが、連帯保証人も払うことが難しい場合は一緒に自己破産をすることを検討する必要があります。

連帯保証人付きの医療費を滞納している場合には、この辺も含めて弁護士に相談するようにしてください。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

3.自己破産後に治療を継続してもらえるのか?

もし治療の途中で他の借金の返済が難しくなり、医療費の滞納金と一緒に自己破産してしまった場合、その後の治療がどうなるのかって気になりますよね。

自己破産とは言い方を変えれば合法的な踏み倒しです。

治療費を踏み倒したのにまた治療をしてほしいと頼んでも受け付けてもらえないような感じがしますよね。

都会であれば複数の病院があるので、一つの病院が使えなくても他の病院を使うことができるので特に問題はないかもしれません。

しかし田舎となると病院の数も限られており、近くの病院が使えなくなると困るという人もいるかと思います。

 

結論を言いますと、自己破産で医療費を帳消しにしても治療を受けることができます。

医師法第19条1項によるとこのように書かれています。

「診療に従事する医師は、診察治療の求があった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。」

 

正当な事由に「医療費や治療費、入院費の踏み倒し」が含まれるかどうかがポイントとなってきます。

この正当な事由は「医師の不在または病気等により事実上診療が不可能な場合に限られる」と」厚生労働省は見解を出しています。(出典:医療機関の未収金問題に関する検討会

この資料の中にも「医業報酬が不払いであっても直ちにこれを理由に診療を拒むことはできない」と書かれています。

つまり自己破産をして医療費や治療費、入院費が不払いの状態であっても病院は治療を拒むことができないんです。

 

もし不払いを理由に診療や治療を拒否した場合には医師法に違反するため「3年以内の業務停止」「医師免許の取り消し」などの重たい処分を受けることになります。

なので、自己破産をしたからと言って今後の治療を心配することはないですよ。

 

医療費や治療費が払えなくて借金をどんどん重ねてしまうよりも早めに自己破産をしたほうが傷が浅いです。

なので、治療費の支払いや借金の返済に困っている場合には、一度弁護士に相談をしましょう。

>>とりあえず匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談してみるならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ