自己破産時の携帯電話について【料金滞納・解約・契約】

028

最近では携帯電話やスマホというのは生活必需品になりつつあります。

そんな携帯電話やスマホは自己破産をすると、使えなくなるという噂があったりします。

そういった噂もあるのですが、実際のところどうなのかということと破産時の携帯電話の扱いについてこの記事ではまとめていきます。

  • 携帯料金の滞納をしている場合は?
  • 自己破産をすると解約させられる?
  • 自己破産をすると契約することができなくなる?

携帯料金の滞納をしている場合は?

携帯料金を滞納している場合、滞納料金は借金扱いになります。

自己破産をし免責が認められれば、借金はチャラになるので、携帯料金の滞納は支払う必要がなくなります。

また、分割(割賦割引の利用)で携帯を買っている場合、そのお金もチャラになります。

しかし、滞納金がチャラになることでいろいろと問題が起こる可能性もあるので気を付けてください。

自己破産をすると解約させられる?

真面目に料金を支払っているのであれば、自己破産をしても携帯電話が解約になることはありません。

破産者は携帯電話を使ってはいけないという法律があるわけではないですからね。

 

しかし、携帯料金を滞納している場合、分割で携帯を買っている場合は、強制解約される場合があります。

携帯会社としては、自己破産によって不利益を被っているので、そういった顧客を扱いたくないとなってもおかしくはありません。

厳密には携帯会社によって対応は異なるので、自己破産後も今の携帯を使いたい場合は、問い合わせをしてみてください。

自己破産をすると契約することができなくなる?

自己破産をすると、解約させられる可能性がありますが、他の携帯会社と契約ができなくなるということはありません。

自己破産によって迷惑をかけた場合は、契約が難しくなるかもしれませんが、迷惑をかけていない会社であれば、契約することができるでしょう。

契約はできますが、割賦割引を利用して携帯を買うことができなくなる可能性が高いです。

 

割賦割引は分割払いで携帯を買うわけですが、これは一種の借金で携帯を買うようなものです。

自己破産をすると、借金ができなくなったりクレジットカードが作れなくなったりするのと同様に、携帯も分割で買うことができないのです。

携帯会社の割賦割引の審査は特殊なので、絶対に利用できないというわけではないので、試しに審査を申し込んでみる価値はあると思います。

無理な場合は、携帯を一括で買う、もしくは安い携帯を使うようにしましょう。

 

まとめ

自己破産をすると携帯料金関係の滞納・未払いはチャラになります。

しかし、滞納・未払いをチャラにすることで携帯会社に迷惑をかけることになるので、その後、迷惑をかけた会社で契約をすることは少し難しいです。

自己破産をしても、自主的にお金を返すことは許されているので、どうしても携帯を使いたい場合は、自主的にお金を支払うようにしましょう。

>>匿名・無料で自己破産に詳しい弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ