自己破産で携帯やスマホが解約?新規契約もできないって本当?

携帯電話やスマホは今となっては必需品で生活に欠かすことができません。

  • 自己破産すると携帯やスマホは解約になるのか?
  • 自己破産後でも新規契約ができるのか?
  • 携帯やスマホを分割払いで購入することはできるのか?
  • 携帯ブラックになってもプリペイド携帯は使えるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自己破産と携帯・スマホについて詳しく説明していきます。

1.自己破産すると携帯電話やスマホは解約される?新規契約もできない?

まず結論から言いますと、自己破産をしても携帯電話やスマホが解約されることはありません。

また自己破産後に新規契約することは問題ありません。

 

自己破産をすると財産を没収されることになりますが、携帯やスマホは差し押さえの対象ではないので没収されることもできません。

没収の対象となるのは20万円以上の価値のあるものとなっています。

携帯電話やスマホは高くても10万円は超えないので没収されることはないです。

なので、自己破産をしても携帯電話やスマホは使い続けることができます。

 

ただ注意をしたいのは携帯電話やスマホの本体を割賦(分割払い)で購入している場合です。

割賦で携帯端末を購入している場合は、携帯会社から強制解約されます。

 

自己破産をするときにはすべての借金を対象にしなければならず、一部の借金だけを対象外にすることはできません。

割賦で購入している場合、完済していないのであれば、これも借金の一つとなり自己破産の対象となります。

基本的に割賦で分割払いの料金は携帯の利用料金と一緒に請求されて支払うことになります。

これを分けて自己破産の手続きをすることができないので、携帯料金すべてを自己破産で帳消しにすることになるのです。

利用料金を踏み倒すわけですからその携帯会社は利用できなくなります。

 

ただこの場合でも他の携帯会社であれば新規契約することができます。

なので、自己破産をしたら携帯会社を乗り換えることになると思います。

 

自分では自己破産しかないと思っていても、借金状況によっては自己破産をしなくてもいい場合もあります。

返済が苦しい状況にあるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのか専門家に聞くことをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

2.携帯電話やスマホの利用料金は自己破産の免責対象?

携帯電話やスマホの利用料金も自己破産の免責対象となります。

自己破産では税金や公共料金などを除きすべての借金が対象となります。

滞納金もある意味借金なので、一緒に免責することができます。

 

ただ注意をしなければいけないのは、携帯料金を自己破産で整理すると携帯電話の契約ができなくなる携帯ブラックになることがあります。

携帯ブラックと一言で言っても大きく分けると2つあります。

携帯ブラック
社内ブラック

・携帯ブラック

携帯ブラックと言われるときに多くの場合を指しているのが携帯キャリア同士で料金の未払い情報を交換しているネットワークのことを指します。

例えばドコモで携帯料金の支払いを滞納したら、auやソフトバンクにもその情報が伝わり回線契約が難しくなります。

「この人は携帯料金を支払わない危険な人です」というのを携帯キャリア同士で交換しているわけです。

ただ携帯ブラックは未払いの料金を支払えば解消されます。

また自己破産をする場合には免責が認められれば解除されることになっています。

ちなみに未払いのままで放置していても解約から5年経過すれば携帯ブラックのリストからは削除されます。

・社内ブラック

自己破産で大きく関係してくるのが社内ブラックです。

社内ブラックには携帯ブラックとは違って情報の削除期限がありません。

自社内での情報管理なので、特に制限もなく半永久的に残ることになります。

「利用料金を踏み倒した人には二度と契約しない」という比較的当たり前の対応です。

ただこの情報はあくまで1社のみでの情報となるので、他の携帯キャリアならば新規契約することができます。

なので、携帯やスマホの利用料金を自己破産で帳消しにするときには自己破産後は別の携帯キャリアを使うことになります。

3.携帯ブラックになってもプリペイド携帯は契約できる?

自己破産をすれば携帯ブラックからは解除されるので、基本的には携帯の契約には支障がありません。

しかし問題となるのは、ドコモ・au・ソフトバンクすべてで過去に滞納したことがありそれを自己破産で帳消しにする場合です。

こうなると3社のすべてに社内ブラックとなるので、新規の契約が難しくなります。

 

そこで使える可能性があるのが、プリペイド携帯です。

プリペイド携帯であれば、ブラック状態でも契約できる可能性が高いです。

プリペイド携帯であれば、料金は前払いとなり携帯会社が損するリスクもないので、審査が非常に緩いです。

 

ただ今は格安スマホで大手の携帯会社3社以外でもスマホを利用することができます。

格安スマホ・SIMの場合クレジットカードによる決済になることが多いですが、中にはデビットカードで決済できるところもあります。

自己破産をするとクレジットカードが使えなくなりますが、デビットカードであれば使うことができるので、格安スマホを検討してみることをお勧めします。

4.自己破産後は携帯電話やスマホは割賦で買えない?一括払いのみ?

自己破産後であっても回線契約自体には問題はありません。

しかし携帯電話やスマホの本体を割賦(分割払い)で買うことは難しいです。

割賦で携帯電話やスマホの本体を購入するときには、審査があります。

この審査ではブラックリストに載っていると審査が通りません。

自己破産をすると借金ができなくなったり、クレジットカードが使えなくなったりするのと同じです。

そのため携帯電話やスマホの本体は一括払いで購入する必要が出てきます。

5.携帯電話やスマホの本体を分割払いで買うには名義を変えばOK?

どうしても携帯電話やスマホの本体を分割払いで買いたいという場合はどうすればいいのでしょうか?

意外と本体の料金って高いので一括で買うのは少し厳しいですよね。

そんなときの奥の手としては契約する人の「名義」を変えることです。

 

審査では名義人がブラックリストに載っているかどうかというのをチェックしています。

そのため自己破産をしていない人に名義を借りれば審査に通すことができます。

なので、家族の誰かに名義を借りることで携帯を分割払いで購入することができます。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ