年金受給者でも自己破産はできる?破産後の年金はどうなる?

Fotolia_56773672_Subscription_Monthly_XXL_R

自己破産をするときに、年金について心配する人は多いです。

今までコツコツと支払っていたものですから、それがなくなるのか、なくならないのかというのは大きな問題ですよね。

自己破産では、すべての資産を手放さなければいけないとされていますが、年金はどうなるのでしょうか?

 

この記事では、年金受給者の自己破産や破産後の年金はどうなるのか、ということについてまとめています。

  • 年金受給者でも自己破産はできる?
  • 自己破産をしても、年金はもらうことができるのか?

年金受給者でも自己破産はできる?

自己破産は、借金の返済に困っている人を救うための制度なので、今の収入がどういう形であれ行うことができます。

なので、年金受給者でも問題なく行うことができます。

 

ただし、自己破産の費用は支払わなければいけないので注意してください。

資産が特になければ、同時廃止と言って2、3万円あれば破産の手続きを行うことができますが、資産(家や車)がある場合には管財事件という50万円の費用が必要となります。

 

ちなみに、弁護士に依頼をすれば資産がある場合に管財事件ではなく、少額管財という20万円の費用で破産の手続きを行える場合もあります。

また、弁護士費用であれば分割払いだったり、法テラスを利用したりすることで、今あまりお金がなくても依頼をすることができるので、自己破産のことで分からないことがあれば、弁護士に聞くことをお勧めします。

>>匿名・無料で自己破産に詳しい弁護士に依頼するならこちらから

 

年金受給者が自己破産をするときの注意点

注意が必要なのは、銀行にお金を借りている場合です。

というのも、銀行にお金を借りているときに自己破産をすると口座が凍結される可能性があるのです。

口座が凍結されるとお金を引き出すことができなくなるので、生活費がなくなってしまいます。

裁判所から口座の凍結解除させることはできますが、手続きに手間や時間がかかります。

なので、年金の振込口座となっている銀行に借金をしている場合には、年金の振込口座を変更する必要があります。

 

ちなみに、「年金は差し押さえが禁じられているから大丈夫だ」と思っている人もいますが、入金されたお金は差し押さえが可能となっています。

今の貯金となっているお金は取られる可能性があるので気を付けてください。

自己破産をしても、年金はもらうことができるのか?

自己破産をすると、資産をすべて手放すことになりますが、年金は対象外となっています。

仮に年金受給者が破産をしても、その後は普通に年金をもらうことができます。

年金受給者でない場合は、自己破産後もしっかりと年金を納めていれば、将来年金をもらうことができますね。

 

まとめ

自己破産をしても年金には影響がないと思って大丈夫です。

ただし、年金が振り込まれる口座には注意をした方がいいですね。

こういった対処もあるので、自己破産をするときには自分の力だけでなく弁護士に依頼をした方が失敗することが少ないです。

自己破産をするくらいに生活が行き詰っていると思いますが、破産後の生活で好スタートをきるためにも、万全な対応を行うようにしましょう。

>>匿名・無料で自己破産に詳しい弁護士に依頼するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ