自己破産したらポイントは没収される?ポイント交換してもいい?

買い物をするときにはポイントがつくことが多いので、自己破産前に貯めたポイントが結構あるということもあると思います。

  • 自己破産時ポイントカードも資産となるのか?
  • クレジットカードのポイントは使っておいた方がいいのか?
  • マイレージなども自己破産前にポイント交換しても大丈夫?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自己破産時のポイントの扱いについて詳しく説明していきます。

1.自己破産をするときポイントは資産になる?

楽天ポイントやTポイント、マイレージなど今は何か買い物をすると様々なポイントが付きますよね。

そのポイントが知らないうちに溜まっていることも珍しくありません。

そのポイントは自己破産時に資産として扱われるのでしょうか?

 

結論を言いますと、20万円分以上ある場合には資産として扱われ没収される可能性があります。

そのため依頼する弁護士に20万円分以上のポイントがあることを伝えたほうがいいです。

20万円以上の価値のあるものは自己破産をすると裁判所に取り上げられて、債権者に分配することになっています。

それはポイントであっても例外ではありません。

 

ポイントは1ポイント=1円の場合もありますが、3ポイント=1円のものもあったりと様々です。

20万ポイントではなく、20万円相当の商品と交換することができる場合が対象となります。

20万円分以下のポイントであれば、特に資産として見られないので没収されることもありません。

2.自己破産前にクレジットカードのポイントを使っても大丈夫?

自己破産の手続きを弁護士に依頼すると、クレジットカードが使えなくなります。

解約扱いになるので、溜まっていたポイントは無駄になってしまいます。

ポイントを意外と使っていない人も多く、知らない間に結構なポイントがたまっていることが多いです。

特にクレジットカードを使ってよく買い物をする人はポイントが数万円分くらい溜まっていることも珍しくありません。

それを自己破産するときに無駄になってしまうのはもったいないです。

なので、自己破産の手続きをする前にポイントを商品券などに交換しておくことをお勧めします。

 

この時20万円分以上の金額になる場合は、交換したものの扱いに注意しなければいけません。

財産隠しが疑われるので、交換した商品券を何に使ったのかなどを明らかにできるようにしておいた方がいいです。

数万円程度であれば問題になる可能性は低いです。

ただ浪費にお金を使うのは自己破産の免責不許可事由に当てはまります。

なので、今後の生活費などに使うようにしましょう。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ