自己破産時のプリペイドカードの扱いは?あとで作れる?

自己破産や個人再生、任意整理などの債務整理を行うときプリペイドカードを持っている人も多いと思います。

  • 自己破産後に新規にプリペイドカードを作れるのか?
  • プリペイドカードの残高は現金に含まれるのか?
  • 自己破産の手続き中にプリペイドカードの決済をしても大丈夫か?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自己破産時のプリペイドカードの扱いについて詳しく説明していきます。

1.自己破産後に新規にプリペイドカードを作ることはできるのか?

自己破産後であっても新規にプリペイドカードを作ることができます。

任意整理でも個人再生でも同様にプリペイドカードを作ることができます。

 

債務整理をするとクレジットカードが持てなくなりますが、これはブラックリストに載ることが原因です。

ブラックリストに載るとこの人にお金を貸すのは危険という風に見られます。

クレジットカードも一時的にクレジットカード会社に借金をしているようなものなので、ブラックリストに載るとクレジットカードが使えなくなるんです。

それに対してプリペイドカードは前払いで支払う仕組みになっています。

前払いした分だけしか決済することができないので、カード会社が損をすることはありません。

そのためプリペイドカードを作るのに審査はありません。

・プリペイドカードを使うときに注意点

プリペイドカードの中にはネットショッピングにも使えるものがあったりして、自己破産後のクレジットカードが持てない時の代用品として使われることがあります。

しかし注意したいのは、継続的な支払いに使えなかったり、使う前にあらかじめチャージしておかなければいけないという点です。

そのため少し使い勝手は悪いです。

 

プリペイドカードを使うよりもデビットカードのほうがおすすめです。

デビットカードも自己破産後でも新規に作れるカードなのですが、プリペイドカードよりもクレジットカードみたいな使い方ができます。

詳しくは「自己破産後のデビットカードの利用について」で詳しく解説しています。

2.自己破産時プリペイドカードの残高は現金に含まれるのか?

自己破産をするときには一定額以上の資産は手放さなければいけません。

その時にプリペイドカードの残高はどういった扱いになるのでしょうか?

 

一般的にプリペイドカードの残高は、現金というよりも一種の債権とみなされます。

ただどのように扱うかは弁護士によっても多少異なってきます。

どのような扱いになるにせよあまり高額でなければ没収されることはありません。

自己破産するくらい生活に困っているわけですから、それほどの金額は入っていないと思います。

なので、特にプリペイドカードの残高の没収については心配の必要はないですよ。

3.自己破産の手続き中にプリペイドカードの決済をしても大丈夫?

自己破産の手続き中にプリペイドカードの決済はしても大丈夫です。

借金の形になるようなものを使う(こっそり隠してあるクレジットカードを使う)などをすると問題ですが、プリペイドカードであれば特に問題はありません。

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ