自己破産で予納金が支払えない場合は分割払いできる?

Fotolia_56132361_Subscription_Monthly_XXL_R

自己破産をするときには、借金の返済で苦しんでいることが予想できます。

それなのにもかかわらず、管財事件(財産がある場合に必要な手続き)となると予納金は50万円必要なので、非常に高いですよね。

「そんな金、払えるか!」というのが本音だと思います。

しかし、予納金を納めないことには自己破産を進めることができないので、払えなくても納める必要があります。

 

この記事では予納金が支払えないという場合どうすればいいのかということについて書いています。

  • 分割払いで予納金を支払う
  • 弁護士に依頼すれば予納金が安くなる?
  • 法テラスで予納金を借りることはできないのか?

分割払いで予納金を支払う

どうしても予納金を納めることができないという場合には、分割払いで支払うという方法があります。

分割払いでは3~4回程度しか、分割を認めていません。

また、分割払いをOKにしても、すべての支払いが終わるまで破産の手続きが進まない場合もあります。

 

そのため破産が終わるまでにとても時間がかかるというデメリットがあります。

破産者でお金がないことが予想されるので、予納金の未払いになるのは裁判所も困りますからね。

そういったことを防ぐために、すべての支払いが終わるまで破産の手続きが進まないのです。

ちなみにこの方法は裁判所によっては受け付けていないところもあるので、注意をしてください。

弁護士に依頼することで、予納金が安くなることも

自己破産をするときに司法書士に書類の作成をお願いして自分で申し立てをする場合があります。

この場合だと、管財事件になった場合50万円支払わなければいけません。

 

しかし、弁護士に依頼をすると、少額管財の扱いになり、20万円を支払うだけで、破産の手続きが進めることができる場合があります。

司法書士に依頼をした方が安いと考えて依頼する人もいますが、結果的には弁護士に依頼をした方が安くなることが多いですね。

20万円ならば、4分割して月に5万円の支払いで破産の手続きが進められるようになりますね。

法テラスで予納金を借りることはできないのか?

弁護士費用であれば、法テラスを利用して立て替えてもらうことができます。

しかし、自己破産をするときの予納金については対象外となっています。

なので、もしも法テラスを利用するのであれば、弁護士費用は法テラスを利用して支払って、予納金については自分で貯めて支払うという方法をとる必要があります。

こうすれば、一時的に弁護士費用分を浮かすことができるので、破産の手続きを進めやすくなります。

まとめ

自己破産をするときにはお金がないと思いますが、どうにか頑張って予納金となるお金を用意する必要があります。

最悪の場合は、法テラスを利用し弁護士費用を後回しにしてでも予納金を用意しましょう。

>>匿名・無料で自己破産に詳しい弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ