自己破産で公共料金(電気・ガス・水道)の滞納は免除?

Fotolia_46820062_Subscription_Monthly_XXL_R

自己破産をするときに自分の抱えている借金を0にすることができます。

その時に滞納分も借金という扱いになるので、未払い金なども支払う必要がなくなります。

しかし、すべての借金が対象というわけではなく、非免責債権と言って、借金が帳消しにならない借金・滞納金もあります。

 

そこでこの記事では、自己破産をした場合に公共料金の滞納の扱いについて詳しく説明していきます。

公共料金(電気・ガス・水道)は自己破産で支払う必要がなくなる?

※この判断は弁護士によっても意見が分かれている内容なので、100%ということではないということをまずは了承してください。

そういった事情がありますが、公共料金の滞納は免責されるという見方が強いです。

つまり、支払わなくてもよくなるということです。

 

ただ一般先取特権と言って、自己破産をした時に優先的に支払われるものに公共料金が該当しているケースが多いです。

財産を処分して作り出したお金を使って、優先的に支払いが行われるということです。

このように実質的には支払っていることになることもあります。

どちらにせよ支払わなくてもいいので、安心して自己破産をするといいでしょう。

詳しいことは弁護士に直接相談して聞いてみてください。

>>匿名・無料で自己破産に強い弁護士に相談するならこちらから

 

自己破産で支払う必要はなくなるが注意も必要!

自己破産で支払う必要がなくなるのは、破産の手続き開始前の滞納分だけです。

破産手続き開始の後の料金はきちんと支払わないといけないです。

「どうせ借金がチャラになるんだから、支払わなくていいや」なんて思っていると、電気・ガス・水道が止められてしまうので、気を付けてください。

 

破産をするときにはいろいろとお金がかかりますが、公共料金のお金くらいはしっかり払った方がいいですね。

滞納分を支払わないと、同じ電力会社・ガス会社・水道会社と再び契約することもできないので、例え引っ越しをしてもライフラインが使えなくなります。

関東から関西に引っ越しをするなど、遠い所まで行けば大丈夫かもしれませんが…。

自己破産をすることで、今までの借金や滞納を支払わなくてもよくなるわけですから、これからの料金は真面目に支払っていくようにしましょう。

まとめ

自己破産をすることで公共料金の滞納も免除してもらうことができます。

ただ手続きを開始してからはしっかりと料金を支払う必要があるので、払い忘れのないようにしてください。

>>匿名・無料で自己破産に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ