自己破産すると海外旅行に行けない?クレジットカードは?

自己破産 海外旅行

自己破産のデメリットやリスクとして海外旅行に行けないという話を聞いたことがあるかもしれません。

  • 自己破産後は海外旅行に行けないのか?
  • 自己破産をしたら、どれくらいの期間海外旅行に行けないのか?
  • 自己破産後の海外旅行でクレジットカードを使う方法はないのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では自己破産と海外旅行について詳しく説明していきます。

1.自己破産をすると海外旅行ができなくなる?

借金の返済に困って自己破産するわけですから、今すぐに海外旅行に行くことはできないと思いますが、将来的にも海外に行けないとなると困りますよね。

急な転勤で海外に行くことやお金に余裕を持つことができたら旅行ぐらいはしたいですからね。

自己破産をすると海外旅行に行けなくなるというのは、本当の話でもあり嘘の話でもあります。

「どっちなんだよ!」と思うと思うので、詳しく説明していきますね。

 

厳密に定義するのであれば、「管財事件の自己破産の手続き中は、海外旅行に行くのに裁判所の許可が必要」となります。

自己破産の手続きには同時廃止と管財事件の2つに分かれます。

特に財産がない場合は同時廃止の手続きとなり、同時廃止の場合は海外旅行に行くときに制限はかかりません。

自由に海外旅行に行って大丈夫です。

これは自己破産する人の9割近くが同時廃止手続きで自己破産を行います。

 

ある程度の財産がある場合は同時廃止の手続きは無理で、管財事件として破産管財人があなたの資産状況・収入状況を調べます。

この調査期間中は海外旅行に限らず遠出する場合に裁判所の許可が必要となります。

所有している財産を隠すのを防ぐために自由に遠出をすることが禁じられています。

ただ遠出をするときの許可は申請すれば、基本的には認められます。

なので、自己破産の手続き中であっても、仕事で海外に行かなければいけないという場合には海外に行くことができます。

・自己破産後いつになったら自由に海外旅行に行けるのか?

自己破産の手続きが終わり裁判所に免責が認められたら、裁判所の許可なしで海外旅行に行くことができます。

もちろん自己破産をしたからと言って、パスポートが作れなくなるわけではありません。

なので、管財事件になった場合でも「将来的に海外旅行に行けなくなるのではないか?」と心配する必要はないですよ。

 

このような制限が嫌なのであれば、自己破産以外の方法で借金を整理する必要があります。

自分では自己破産しかないと思っていても、借金状況によっては自己破産をしなくてもいい場合もあります。

もし借金の返済が苦しい状況にあるなら、とりあえず借金減額シミュレーションを使っていくら借金が減るのかだけでも調べることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べてみるならこちら

2.どういう場合に海外旅行に行けなくなる?

自己破産では海外旅行に行けなくなるということはありません。

しかし、借金を踏み倒すために夜逃げをして住所が分からないようにすると、海外旅行に行けなくなります。

というのも、借金を踏み倒すために夜逃げをする場合には、住民票を移すことができません。

債権者は戸籍を見ることができるので、住民票を移したら居場所がばれてしまい滞納金や遅延損害金を請求されることになります。

結局、住民票を移したら、引っ越して居場所を変えても意味がないというわけです。

それでパスポートを作るときには、住民票が必要になってくるので海外旅行に行くことができなくなるというわけです。

借金の返済に困っているのであれば下手に踏み倒そうとするのではなく、自己破産などの債務整理で借金を整理することをお勧めします。

3.自己破産後海外旅行に行くときはクレジットカードの代わりにデビットカードを

海外旅行に行くときクレジットカードを使う人は多いと思います。

わざわざ現地の現金を用意するというのは面倒です。

それに海外は治安がそれほど良くないので、現金そのものを持ち歩くこと自体リスクがあります。

ただ自己破産をしてしまうとブラックリストに載りクレジットカードが作れなくなってしまいます。

クレジットカードがなくても海外旅行に行くことはできますが、不便ですよね。

 

そこでおすすめなのが「デビットカード」です。

デビットカードはクレジットカードと同じように決済をすることができるカードです。

銀行口座の残高から即時に引き落とされるという形になるので、審査がありません。

自己破産してブラックリストに載っていても、新規にデビットカードを作ることができるんです。

海外旅行で買い物をするときには、デビットカードを使うと、クレジットカードと同じような形で決済することができますよ。

 

ただデビットカードには大きく分けると2種類あります。

  • J-Debtのデビットカード・・・海外では使えない
  • 「VISA」もしくは「JCB」のデビットカード・・・海外で使える

海外旅行でデビットカードを使いたい場合には「VISA」もしくは「JCB」のデビットカードを作る必要があります。

多くの銀行のデビットカードの場合「J-Debt」のデビットカードになっています。

 

自己破産後にデビットカードを作るなら以下の銀行で作ることをお勧めします。

「VISA」デビットカード

  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三井住友銀行

「JCB」のデビットカード

  • 楽天銀行
  • みずほ銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行

まとめ

自己破産をしたくらいで、海外旅行に行けなくなるなんてことはありません。

将来的に海外にいかなければいけないような人でも、借金の返済に困っているようであれば自己破産をしてしまうのも一つの手でしょう。

 

自己破産をするときには複雑な手続きがあって大変なので、楽をしたいのであれば弁護士に依頼することをお勧めします。

弁護士に依頼をすれば代理人としてほとんどのことをやってくれますし、相談にも乗ってくるのでスムーズに手続きを終えることができますよ。

 

とはいえ、いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思います。

そこで匿名無料で使える借金減額シミュレーターを使うことをお勧めします。

匿名無料でいくら借金が減るかなどを弁護士に相談することができます。

利用したからと言って必ず依頼しなければいけないわけではないので、試しに使ってみることをお勧めします。

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか弁護士に相談するならこちら

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法を大公開!

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などから、あなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金をいくら減らせるのか
・毎月の返済額をいくらに減らせるのか
・どんな方法で借金を整理するのが最適なのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くなら、もっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのも、当然ありです。

入力作業は3分もかからず匿名・無料で使えるので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみることをおすすめします。

もしかしたらあなたの借金も大幅に減らせるかもしれませんよ?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

債務整理 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
借金地獄 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
闇金 返済 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ