自己破産をした場合、郵便物が受け取れなくなる?

Fotolia_50236136_Subscription_Monthly_XXL_R

自己破産を行うと、色々な制限を受けることになります。

そのうちの一つとして郵便物が受け取れなくなるというのがありますが、

  • どうして郵便物が受け取ることができないのか?
  • 郵便物を後でもらうことができるのか?

ということについてこの記事では詳しく書いていきます。

どうして郵便物が受け取ることができないのか?

自己破産を行うと、破産管財人といって、財産や借金の状態をチェックする人が現れます。

この時に、破産管財人は郵便物をチェックすることで、財産や借金の確認を行うようになっています。

 

自己破産というのは、破産者の救済することができますが、債権者にとっては非常にダメージが大きいものです。

なので、不正に自己破産をされないように財産を隠していないかをチェックする必要があるのです。

また、中途半端に借金を残されても、破産者を救うという観点から不適切なので、すべての借金を免責でチャラにすることになっています。

 

やましい気持ちがなければ、破産管財人は敵ではなく味方なので、不愛想に対応するのはやめましょう。

破産管財人に非協力的だと、免責を認めてもらえないこともあるので、注意してください。

※免責が認められて初めて借金が0になります。

郵便物を後でもらうことができるのか?

郵便物はあくまでチェックするだけなので、確認が終わったら後で返してもらうことができます。

なので、郵便が全く届かなくなるということではありません。

届くのが少し遅くなるというくらいですね。

 

ただこの時に注意点としては、チェックが終わった郵便物には弁護士が確認したことを示すものを外に分かるような形で書かれる場合があります。

「破産管財人がチェックしたので、転送は不要です」みたいなことが書かれるということです。

そうすると、外から見た時に丸わかりになってしまうんので、これが原因で家族にばれるということもあります。

 

家族に内緒で自己破産を行うという人は少ないですが、万が一内緒でやる場合には、破産管財人に相談をした方がいいでしょう。

直接取りに行くようにしたり、郵便局留めにしてもらったりすれば、内緒に行うことも可能です。
(100%ばれないというわけではありません)

まとめ

自己破産をするときには、色々な制限があったり規則があったりします。

正直に言って、自分一人で対応するのが非常に大変です。

なので、借金の返済に困っている場合は、弁護士に相談をすることでスムーズに手続きを終えることができますよ。

 

また弁護士に依頼をした方が、破産の手続き終了の時間も早くなったり、破産管財人に支払う予納金が少なったりする場合もあります。

意外とメリットが多いので、一度弁護士に相談をしてみてください。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ