自己破産費用の弁護士と司法書士の違いとは?どっちが安い?

Fotolia_48810693_Subscription_Monthly_XXL_R

自己破産をするときにすべて自分でやるのは大変なので、弁護士や司法書士に依頼をする人というのは多いです。

ただ弁護士と司法書士のどちらに依頼をするか悩む人も多いですね。

やっぱり料金が違ってくるので。

この記事では、自己破産における費用の弁護士と司法書士の違いについてまとめています。

  • 弁護士と司法書士の自己破産料金について
  • 弁護士の方が司法書士よりも費用が安くなる?

弁護士と司法書士の自己破産料金について

弁護士 20万円~40万円(着手金・報酬込)
司法書士 15万円~30万円

※正確な料金は各弁護士事務所・司法書士事務所によって異なるので、確認の上依頼をしてください。

借金をした業者の数が多ければ多いほど手続きの手間がかかるので高くなるために、料金に幅があります。

借金先が少なければ下限を基準に、借金先が多ければ上限を基準にしましょう。

値段だけを見ると司法書士の方が安いが…

料金だけを見ると、司法書士の方が安いことが分かると思いますが、実務内容には大きな差があります。

司法書士は、書類作成だけしかやってもらうことができないので、申し立てや裁判所では自分がメインで動かなければいけません。

それに対して、弁護士は代理人として動いてくれるので、書類作成はもちろん、申し立てなども代わりにやってくれるので、面倒なことは一切なく自己破産をすることができます。

なので、料金に差はありますが、実務内容を考慮すると弁護士の方が安いのではないかと思います。

 

自己破産をする状況であれば、その他の気苦労も多いと思うので、楽に自己破産をするというのも大事なことだと思います。

下手に自分を追い込んでもよくないですからね。

費用だけ考えても弁護士の方が安くなる場合もある?

自己破産を行う時に、資産を持っている場合、管財事件となります。

管財事件になると50万円の予納金を支払わなければいけないのです。

「50万円も!?」と思うかもしれませんが、これを支払わないことには自己破産をすることができません。

 

しかし、弁護士に依頼をしている場合には、少額管財という方法をとることができます。

少額管財となると、予納金は20万円でよくなるので、30万円の減額となりますね。

※少額管財の申し立てを行うことができるのは弁護士だけです。

弁護士費用は司法書士よりも少し高いですが、少額管財になれば30万円も安くなるので、結果的には弁護士に依頼をした方が支払う費用が少なくなります。

まとめ

弁護士費用と司法書士費用を比べると、一見司法書士の方が安いように思えます。

しかし、実務内容を考慮すれば、弁護士の方が楽をできますし、財産がある場合ならば、弁護士に依頼をした方が安くなることもあります。

色々なことを考えると、弁護士に依頼をするのが賢い選択だと言えましょう。

>>匿名・無料で自己破産に詳しい弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ