自己破産の費用不足の場合は分割や法テラスでお金を借りよう

Fotolia_45340117_Subscription_Monthly_XXL_R

自己破産では、申し立てを行う時に収入印紙や予納郵券や予納金にお金がかかります。

その中でも特に予納金の金額が高く、50万円近くしますよね。

借金の返済に困るほどお金に困っているから自己破産をするわけですから、お金が支払えないとなってもおかしくはありません。

ただお金を納めないと自己破産の手続きをやってくれないので、どうにかお金を用意する必要があります。

 

この記事では、費用不足の場合の対処方法について解説しています。

  • 分割払いでお金を納めよう
  • 法テラスでお金を借りられる?
  • 最終手段は親、兄弟、親戚からお金を借りる

分割払いでお金を納めよう

基本的には一括でお金を支払うべきなのですが、裁判所によっては分割払いを受け付けているところもあります。

自己破産の申立を行えば、借金の返済をしなくてもよくなるので、今まで返済していた分を裁判費用のために貯金をしてくという感じになりますね。

 

ただし、3~4分割までとなっているので、しっかりと貯めていく必要はありますよ。

ちなみに、弁護士に依頼をする場合、弁護士費用の分割払いを受け付けている場合もあります。

弁護士に依頼をすることで、少額管財という安い自己破産の形式(予納金が20万円)をとれる場合もあるので、弁護士に頼むというのも一つの手ですよ。

法テラスでお金を借りられる?

弁護士を利用するときには法テラスでお金を立て替えてもらうことができます。

なので、裁判費用も立て替えてくれるのでは?と思うかもしれませんが、法テラスでは裁判費用の立て替えまでは行っていません

残念ながら法テラスで裁判費用のお金を借りることはできません。

 

もしも法テラスを利用するのであれば、弁護士費用は法テラスで立て替えてもらって、裁判費用は自分で用意するという方法をとるのがいいでしょう。

これが自力でお金を払う場合に最も自己破産をしやすい形になります。

最終手段は親、兄弟、親戚からお金を借りる

どうしても自分でお金を用意することができないという時には、親や兄弟、親戚からお金を借りるしかありません。

ただお金を借りても自己破産をすることで、借金の返済義務はなくなってしまいます。

なので、お金を借りると言っても契約書ではなく好意でお金を借りることになりますね。

 

その時には、自己破産をしてもしっかりとお金は返すことを約束してお金を借りるしかないでしょう。

ちなみに、自己破産をすると借金が0になると言われていますが、厳密には返済義務がなくなるだけです。

自主的に返済することは特に問題ではないのです。

なので、親や親戚などからお金を借りても返済することはできますよ。

まとめ

自己破産をするときにはお金が必要となりますが、

  • 分割払い
  • 法テラスをうまく利用する
  • 親や親戚からお金を借りる

という方法を使って、自己破産を行いましょう。

弁護士に依頼をすれば、弁護士に依頼をした段階で取り立てが止まるので、その時から返済に使っていたお金を貯めるようにしましょう。

自己破産の手続きは専門的な知識も必要になってくるので、弁護士に依頼をするのがお勧めです。

>>匿名・無料で自己破産に詳しい弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ