自己破産と個人民事再生の違いとは?どちらを選択するべき?

Fotolia_53100844_Subscription_Monthly_XXL_R

多額の借金がある場合に債務整理を行うとすれば、個人(民事)再生か自己破産を選ぶことになると思います。

任意整理では借金の減額ができないので、多額の借金がある場合には返済することができません。

それで自己破産と個人再生のどちらを選ぶべきなのかというのは、それぞれの特徴があるので一概には言えません。

 

この記事では、自己破産と個人再生の違いについてまとめたので、参考にしてください。

  • 自己破産と個人再生の違い
  • どちらを選ぶべきなのか?

自己破産と個人再生の違い~メリット・デメリット~

自己破産と個人再生の違いは下の表にまとめました。

メリット デメリット
自己破産 借金を支払う必要がなくなる すべての資産(家・車など)を手放す必要がある
借金の理由によっては免責が認められず、借金が0にならない
個人再生 借金が大幅に減額される(最大で90%減)
借金の理由は関係がない
資産は残る
借金額は5000万円以下の場合しか受け付けていない
借金の減額後、原則3年で支払う必要がある

どちらを選ぶべきなのか?

それぞれの特徴をもう一度確認してみましょう。

自己破産の最大のメリットというのは、借金を支払う必要がなくなるという点ですね。

その反面、すべての資産を手放す必要があるので、家や車を持っている人は悩ましいところです。

個人再生のメリットは、資産を手放す必要がないというのがあるでしょう。

ただし、減額した借金を3年かけて返済していく必要があるという感じです。

 

ということで、このポイントから判断すると

  • 資産(車や家)を残したいかどうか
  • 減額した借金を支払うことができるか

というのが、自己破産と個人再生を選ぶときの基準となるでしょう。

車や家をどうしても残したいというのであれば、個人再生で頑張って返済し
資産がなければ自己破産ですべての借金を0にしてしまった方がいいでしょう。

 

車や家を残したい場合でも、借金が返済できなければ、自己破産をするしかないですけどね。

自己破産は債務整理の中でも最終手段なので、最後に考えるべきだと思います。

具体的にどちらを選ぶべきなのかというのは、状況によって異なるので、弁護士に相談をするのが一番です。

 

個人再生や自己破産の手続きは大変なので、手続きは弁護士に任せて生活の立て直しに力を入れた方が、債務整理後の生活が安定します。

自己破産にするべきなのか、個人再生にするべきなのか悩んでいるのであれば、とりあえず無料で相談を受け付けている弁護士に相談することをお勧めします。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ