自己破産時の住宅ローンについて(管財事件・任意売却など)

Fotolia_51850519_Subscription_Monthly_XXL_R

自己破産をするときに住宅ローンがあることって多いですよね。

家は手放したくないけど、返済することができないから、自己破産をするという人が多いです。

住宅ローンがあるということは、家を持っていると思いますが、家は資産の扱いになるので、自己破産の手続きが面倒になる場合もあります。

 

この記事では、住宅ローンがある状態の自己破産について多くの人が疑問に持つことや知りたいことをまとめていきます。

  • 住宅ローンがあると管財事件になってお金を多く支払わなければいけないのか?
  • オーバーローン状態でも管財事件になるのか?
  • 自己破産の前に任意売却をする意味はある?

住宅ローンがあると管財事件になってお金を多く支払わなければいけないのか?

家という資産があるとその資産を処分して、債権者に分配する手続きが必要になります。

その手続きが必要な自己破産のことを管財事件と言います。

管財事件になると、裁判所に50万円の予納金を支払う必要があります。

※弁護士に依頼をすれば、少額管財と言って20万円の予納金で済みます。

なので、住宅ローンがあるというか、家という資産がある場合には、自己破産を行うのに多くのお金が必要となります。

オーバーローン状態でも管財事件になるのか?

オーバーローンは家の値段よりも借金額の方が大きい状態を指します。

もし家を処分したとしても住宅ローンが多く残る状態だということです。

この場合は、資産はあるのだけれど、借金の方が多いという状態になります。

管財事件は資産を処分して債権者に分配することを目的としているのですが、家を売ってもプラスにならなければ、債権者に分配することはできません。

なので、オーバーローン状態であれば、管財事件にならずに同時廃止で自己破産を行うこともできます。

 

同時廃止ならば、何十万円もお金を支払う必要がなく、免責が認めてもらえるまでの期間も短くなります。

ただし、オーバーローン状態ならば必ず同時廃止になるというわけではないので注意してください。

この辺りについて詳しくは弁護士に相談することをお勧めします。

>>匿名無料で自己破産に詳しい弁護士に相談するならこちらから

 

自己破産の前に任意売却をする意味はある?

自己破産をする前に自宅を売ってしまうという任意売却を考える人は少なくありません。

任意売却で売値が高ければ、自己破産をする必要がなくなることもありますからね。

しかし、近年では不動産価格が下落しているので、任意売却で家を売っても借金が多く残るということが珍しくありません。

 

借金残るのであれば、自己破産をしてしまった方がいいですね。

任意売却を行うには、銀行の許可を得たり、買い手を見つけなければいけなかったりと意外と面倒なことが多いですからね。

また、任意売却のメリットとして、破産の費用が安くなるという点が挙げられていることが多いです。

しかし、オーバーローンの状態であれば、家があったとしても費用が安い破産の手続きを行うこともできるので、最初から破産をしてしまっても問題ありません。

まとめ

家という資産があるという状態で、自己破産をする場合には資産がない場合と比べて自己破産にお金と時間がかかる場合があります。

しかし、オーバーローン状態ならば、資産がないときと同じように自己破産の手続きが行えることもあります。

なので、自己破産をするときには弁護士に相談の上行った方がいいでしょう。

仮にオーバーローン状態でなくても、弁護士に依頼をすることで費用があまりかからない少額管財で自己破産を行うことができるので、デメリットは一切ないですね。

>>匿名・無料で自己破産に詳しい弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ