自己破産では税金滞納も免除してもらえる?差し押さえ?

Fotolia_48265569_Subscription_Monthly_XXL_R

お金がないと消費者金融や銀行からの借金ができないだけでなく、税金の滞納をしてしまうこともあるでしょう。

滞納というのは、借金であるとみなされるので、自己破産をするときには、滞納している部分も借金と同じように処理されます。

しかし、税金の場合は特殊なので、この記事では税金滞納をしている状態で自己破産をする場合について多くの人が知りたいことをまとめています。

  • 自己破産では税金も免責対象?
  • 税金を滞納していると差し押さえられる?
  • 支払えない場合の対処方法とは?

自己破産では税金も免責対象?

自己破産を行い、免責が認められれば、借金は0になります。

上の方でも説明したように滞納している物も借金と同じように扱われるので、滞納分も0になります。

しかし、税金は非免責債権といって、免責の対象外となっています。

>>その他の非免責債権について詳しくはこちら

 

なので、自己破産をしても税金の滞納分は0にならないということです。

税金は借金の返済を止めてでも支払うようにしたほうがいいでしょう。

税金を滞納していると差し押さえられる?

税金を滞納しているときに自己破産をする場合、一つ注意点があります。

税金を滞納してずっと放置をしていると、差し押さえられることがあります。

このタイミングというのは、役所の人によって異なるので、いつ差し押さえられるか分からないのです。

 

場合によっては、自己破産の手続きを行うために貯金をしていたところに口座の差し押さえが実行される可能性もあるということです。

家などの資産がある状態で、自己破産をすると管財事件と言って、高い費用を支払わなければなりません。

50万円という大金を支払わないと、自己破産の手続きが進まないので、差し押さえのタイミングには気を付けてください。

支払えない場合の対処方法とは?

税金が支払えないという場合には、必ず担当窓口(役場など)に相談をしてください。

相談をすることで、分割払いでの支払いを認めてくれることが多いです。

また、分割払いでしっかりと支払っている限り、急な差し押さえを実行するということはありません。

銀行口座の差し押さえが行われると、いきなり使えるお金が減ってしまうので、お金のやりくりも大変になります。

税金は必ず支払わなければいけないものなので、逃げるのではなくきちんと向かい合って少しずつでも支払っていくようにしましょう。

まとめ

自己破産をしても、税金の滞納はチャラにはなりません。

滞納をし続けると差し押さえが実行される可能性があるので、そうなる前に担当窓口に相談に行きましょう。

自己破産は個人でも行うことができますが、手続きは複雑でとても大変です。

 

弁護士に依頼をすることで面倒な手続きをする必要もありませんし、適切なアドバイスをもらうこともできます。

自己破産後の生活で好スタートをきるためにも一度弁護士に相談をしてみましょう。

>>匿名・無料で自己破産に弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ