個人再生・自己破産時の車の扱い方【査定や購入、名義など】

036

個人再生や自己破産をするときに、車は資産扱いになります。

資産扱いになるとどうなるのかということやブラックリストに載ることの影響などが気になっている人が多いですね。

 

この記事では個人再生や自己破産を行う場合の車の扱い方を紹介しています。

  • 個人再生や自己破産を行う前に名義を変更してもいい?
  • 車が資産としてみなされないことも?
  • 査定書はどこで手に入れられる?
  • 個人再生・自己破産をした後に車を購入することはできるのか?

個人再生や自己破産を行う前に名義を変更してもいい?

個人再生の時は借金の減額幅に影響し、自己破産の時は車を手放さなければいけません。

これを逃れるために、名義変更をするという方法があります。

 

例えば、親などに名義を変えれば、車の存在を隠すことができます。

しかし、これは財産隠しとみなされて、個人再生の認可が下りなかったり、自己破産の免責が認められなかったりします。

意図的に財産を隠すことはやってはいけないことなので、いくら車を残したいからと言って名義変更をしてはいけませんよ。

車が資産としてみなされないことも?

基本的には車は資産とみなされますが、あまりに古い車の場合だと資産とみなされないこともあります。

例えば、7年以上前に買った車などは資産とみなされないことが多いですね。

基準としては査定額が20万円以下ならば、資産とみなされないという風になっています。

個人再生の場合は、資産とみなされても手放す必要はありませんが、あまりに高いと借金の減額幅に影響するので注意してください。

 

査定書はどこで手に入れられる?

査定額がいくらなのかというのは、査定書を使って証明します。

自己申告で10万円にするなんてことはやってはいけませんよ。

仮にやったとしても、きちんと調べる人もいるので、不正行為は行わないようにしましょう。

それで査定書を手に入れるには、よくある車買取サービスでは手に入れることができません。

 

車買取での無料査定はあくまで車を買い取りために行うものなので、証明書などは発行していません。

また、時期や在庫の状況によって査定額も変わってくるので、書類に残さないようになっています。

きちんとした証明書を手に入れたければ、自動車査定協会http://www.jaai.or.jp/)に依頼をしましょう。

近くの自動車査定協会に行くか、出張サービスがあるので、利用するといいでしょう。

 

購入することはできるのか?

個人再生や自己破産をすると10年間はブラックリストに載ったままになります。

ブラックリストに載っているからと言って、車が買えなくなるわけではありません。

一括で支払うことができるなら車を購入することができます。

ローンを組む場合には、審査が通りにくくなっているので、お金をためて購入するか、安い車で我慢するようにしましょう。

どうしてもローンで買いたい場合には、親に名前を借りて審査を通す必要があるでしょう。

>>匿名・無料で債務整理に詳しい弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ