個人再生や自己破産で親や親戚からの借金を除外できる?

Fotolia_52417938_Subscription_Monthly_XXL_R

借金の借入先が消費者金融や銀行だけの場合であれば、それほど気にせず個人再生や自己破産を選択することができます。

しかし、親や親戚などにお金を借りている場合、その借金だけを除外して返済していきたいと申し出る人は少なくありません。

やはり親や親戚には迷惑をかけられないですからね。

なんとか迷惑をかけずに済ますことができないかと頭を悩ましますよね。

 

残念ながら、親や親戚からの借金だけを個人再生や自己破産の対象から除外することはできません。

すべての借金を対象とするのが、個人再生や自己破産となっています。

なので、親族の借金でも大幅に減額したり、チャラにしたりすることになります。

 

もしも親や親戚に迷惑をかけたくないのであれば任意整理をすれば、借金を整理する先を選ぶことができます。

任意整理をすれば、消費者金融や銀行だけを対象に、将来かかる利息をカットできます。

 

しかし、個人再生や自己破産を検討しているような人にとっては、任意整理では返済できないような借金を抱えていることが多いです。

任意整理をしても返済することができなければ意味がないので、返済する余裕がないのであれば、無理に任意整理を選ばないようにしましょう。

 

親族に迷惑をかけたくなくて、多額の借金を抱えている場合には、債務整理が使えないのかというとそんなことはありません。

親族に迷惑をかけずに、借金を整理する方法というのもあります。

それが、個人再生や自己破産後に自らの意志で返済するという方法です。

 

個人再生や自己破産を行うことで、借金の一部または全額の返済が免除されます。

借金の返済が免除されたからと言って、お金を返済してはいけないという法律はありません。

なので、親や親戚には個人再生(自己破産)をしても絶対に全額返済することを約束するといいでしょう。

 

ただし、個人再生を行う場合には、残った借金の返済を行う必要があるので、親や親戚には少し返済を待ってもらうなどの対応をしてもらうといいでしょう。

個人再生の方を滞納してしまうと、取り消しになって、借金額が元に戻ってしまいます。

まとめ

個人再生や自己破産で、親や親戚からの借金を対象外にすることはできません。

しかし、手続きを行った後に自主的に返済することは禁じられていないので、そういう約束をすることで迷惑がかからないでしょう。

>>匿名・無料で債務整理に強い弁護士に依頼するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ