自己破産で処分される資産と処分されない資産について

自己破産をすると処分される資産について

Fotolia_34155995_Subscription_Monthly_XL_R

  • ローン残高が評価額の2倍に満たない不動産
  • 99万円を超える現金
  • 評価額が20万円以上の自動車
  • 残高が20万円を超える預貯金
  • 20万円を超える保険の解約返戻金
  • 一定以上の退職金

ローン残高が評価額の2倍に満たない不動産

ローン残高が固定資産評価証明書による評価額の2倍以上の場合は、資産とみなされません。

ただ厳密に言うと、どのラインで資産とみなすかみなさないかは裁判所によって異なります。

中には1.5倍程度でも資産とみなさない裁判所もあります。

 

どうして資産とみなさないのかと言いますと、借金の方が明らかに多いならば管財事件にして、資産を現金化しても結局借金が残ります。

それならば資産とみなさずに最初から免責を申し立てをすることができる同時廃止にした方が手続きが簡単になるからです。

 

ちなみに、資産にみなされなければ家はどうなるのかと言いますと、多くの住宅ローンでは家を担保にしています。

なので、自己破産をする段階で家は担保として銀行もしくは保証会社によって競売にかけられます。

借金だけチャラになって、家が残るわけではないので勘違いをしないでください。

ただ家を競売にかけたとしても、それが売れない限りはその家に住み続けることはできます。

場合によっては数年住み続けることもできることがあるみたいですね。

99万円を超える現金

99万円までの現金であればそれは自由資産とみなされます。

自由資産とは、破産者が自由に管理処分することができる財産のことを指します。

99万円を超える現金は資産とみなされて、債権者の手に渡ります。

評価額が20万円以上の自動車

外車や高級車であれば、長期間使用していても、高い値段が付くことが多いので資産とみなされます。

しかし、普通乗用車や軽自動車であれば、長期間使用していると価値が非常に低くなっていることがあります。

その場合には資産とみなされずに処分されることはありません。

その時の基準として20万円が設定されています。

車の価格は買い取り業者に査定をしてもらうことで分かります。

残高が20万円を超える預貯金

直前に預貯金額を20万円以下にしようとしてもそれは自由資産とみなされない場合が多いです。

また、一つの口座だけでなくすべてを合計しての金額になるので注意してください。

20万円を超える保険の解約返戻金

保険は解約をすることで、戻ってくるお金がある場合もあります。

その時は、それも資産となるわけです。

複数の保険を利用している場合は、預貯金と同様に合計した金額になります。

一定以上の退職金

退職金は現時点で退職したと仮定して支給されるであろう退職金見込み額の8分の1が20万円を超える場合は資産とみなされます。

退職金がいくらなのかというのは、しっかりと証明しなければいけないので、会社から退職金計算書をもらう必要があります。

その時に理由を聞かれた場合、破産をすることを打ち明ける必要がありますね。

それが嫌だからと言って、退職金計算書をもらわないと破産の手続きが進みません。

破産をするからと言って、会社を首になるわけではないので、安心してください。

 

まとめ

以上が処分される資産の主なリストです。

ただ細かい話をすると、これ以外にも資産となりそうなものはすべて処分されます。

その時に嘘を付いて、意図的に資産を隠すと免責を認められないこともあります。

資産を少しでも残しておきたいという気持ちはよく分かりますが、嘘はつかずにすべて見せるようにしてください。

>>無料&匿名で自己破産に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ