自己破産の陳述書の内容について

Fotolia_53100844_Subscription_Monthly_XXL_R

  • 経歴等
  • 生活状況など
  • 借金を支払うことができなくなった事情
  • 債権者との状況
  • これまでの生活状況など

陳述書は申立人の現在の状況を把握するために必要な資料となります。

この資料が破産の手続き開始決定に大きく関わってきますので手を抜かずに書いていきましょう。

経歴等

過去10年前から現在までのすべての経歴を順番に書いていきましょう。

会社に勤めている場合は勤務先の会社を書くというのは分かると思いますが、アルバイトも書いていく必要があります

収入に関する経歴はすべて書いていくという感じです。

数日だけの短期バイトであれば記入漏れがあってもさほど問題ではありませんが、覚えているのであれば書いておきましょう。

 

次に現在の仕事について書いていきます。

記入する内容は、自営か勤めているか、給料の額や勤務先などを書いていきます。

その時はその数字が正しいものかどうかを確認するために以下の書類必要となります。

・勤めている場合

直近2か月分の給与明細のコピー、源泉徴収票または課税証明書のコピー

 

・事業主の場合(過去2年以内に事業を営んでいたことがある場合も含む)

  • 事業内容や負債内容、従業員の状況などに関する事業に関する陳述書
  • 過去2年分の所得税の確定申告書のコピー(自営の場合)
  • 過去2年分の事業年度分の確定申告書と決算報告書のコピー(会社の代表の場合)

ちなみに何年分の書類を提出するのかや提出する書類は裁判所によって異なる場合もあります。

なので、提出する際には裁判所に聞いてから用意するのが確実です。

生活状況など

家族や同居人に関することや居住状況について書きます。

持家を持っていないことを証明するために、賃貸借契約書や社宅使用許可書のコピーが必要となります。

また、他人の家に無償で済んでいる場合は、その家に住んでいることを証明するために居住証明書を家の所有者に書いてもらう必要があります。

借金を支払うことができなくなった事情

いつ、どんな業者から、いくら借りたのか、その理由、どんなことに使ったのかなどを具体的に書いていきます。

日付も覚えているのであれば、書いた方がいいでしょう。

ここが破産の申し立てが認められるかどうかを判断するためのポイントになっているので、正確に記入していきましょう。

破産の申し立てが認められたいからと言って、嘘を付いてはいけません。

債権者との状況

これまでに債権者と話し合いをしたのかどうか。

したことがあるのであれば、その内容を書きましょう。

また、訴訟や差し押さえがある場合もその内容を記載していきます。

これまでの生活状況など

破産申し立てをするまでの申立人の生活状況を書いていきましょう。

自己破産をする段階で苦しい生活状況であることは予想できますが、自己破産後、再び同じような生活に戻らないためにもしっかりとどんな状況であるのかを書きましょう。

つらいかもしれませんが、頑張って書いてください。

>>無料&匿名で自己破産に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ