なぜ住宅ローンで多重債務に陥るのか?借りるときの注意点は?

Fotolia_46102727_Subscription_Monthly_XXL_R一般的な会社員であれば、自宅を購入する際に住宅ローンを使います。

住宅ローンというと多くの人が利用しているということもあり、安易にお金を借りてしまう人がいることも事実です。

また、銀行側としてもおいしい契約なので、よく勧めてくるのです。

 

それで住宅ローンは多くの場合、家を担保にしてお金を借ります。

そうすることで銀行側は万が一返済されなくても、担保があります。

それに家を手放さないようにするために、生活費を削ったり、他から借金をしたりなどの努力をするからなのです。

家を手放したくないがために、他から借金をして多重債務に陥ってしまうのです。

消費者金融等の金利は銀行と比べても圧倒的に高いので、そのままズルズルと借金を重ねてしまう傾向があります。

金利優遇には気を付けて!

住宅ローンを借りる段階で、月々の支払額が分かるわけですから、きちんと計算をしていれば問題なくお金を支払うことができるでしょう。

しかし、金利優遇キャンペーンなどを利用した場合、意外な落とし穴があるのです。

というのも、多くの金利優遇では一時的に金利が安くなるだけです。

 

その安くなった金利で生活が慣れていると、優遇されている期間が終わった後の返済が苦しく感じるのです。

昔であれば年々給料は上がっていく傾向にあったのでそれでも大丈夫でしたが、今は不況なので給料はなかなか上がりません。

その場合だと、金利が急に上がったからといっても、生活をすぐに変えることは難しいです。

 

なので、金利優遇キャンペーンを利用する際にはどういう契約になっているのかをしっかりチェックし、優遇される分は貯金をしておくくらいのつもりで生活するようにしましょう。

 

住宅ローンを借りる際は自分で判断を下そう!

住宅ローンを借りる際には、銀行の人から様々な話を聞くと思いますが、その時相手は銀行に有利な話をしてきます。

一見お得なように見せても、自分の銀行を利用するように勧めていることが多いです。

なので、銀行の人の話はあくまでアドバイスとして受け取りましょう。

そして、自分で住宅ローンを返すことはできるのかできないのかを判断しましょう。

 

金利プラン等に無理がある場合は、借りる額を抑えて自分の身の丈に合った家を購入するようにしましょう。

家を購入するとなると普通の買い物よりも桁が違うので、安易に何十万もするような機能を付けたりしてしまいがちです。

しかし、住宅ローンをすべて返済することができなければその家を守ることはできません。

それでは元も子もないですよね?

なので、返せる範囲で住宅ローンを借りるようにしましょう。

 

また、もしも多重債務に陥ってしまったら、債務整理をするという方法もあります。

個人再生という方法を使えば、家を残したまま、住宅ローン以外の借金を大幅に減額することもできます。

こういった方法もあるので、借金の返済に困ったら弁護士に相談をしましょう。

>>無料&匿名で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ