繰り上げ返済で早くローンを返すことはいいとは限らない

Fotolia_53279513_Subscription_Monthly_XXL_R住宅ローンは長年かけてお金を返済していきますが、毎月の返済額にプラスして貯金をしておき、ある程度たまったらそれをローンの返済に回すという方法があります。

そのことを繰り上げ返済といったりしますね。

一部では繰り上げ返済はお得みたいなことが言われています。

 

というのも、繰り上げ返済をすることで予定よりも早く借金を返済することができます。

そうなると金利もその分安くなるので、お得ということを言っているのですね。

最近は預金をしていてもそれほどお金が増えるわけではないので、貯金をしておくくらいならば住宅ローンの返済に回した方がいいという見方もできます。

 

しかし、安易に繰り上げ返済をするのは危険です。

無理に返済をすることで以下のようなことになることは珍しい話ではありません。

無理に返済をして亡くなってしまった場合について

住宅ローンの返済を早めるには、当然節約が必要です。

苦痛ではない節約であればよいのですが、過剰に節約をして借金返済をするのは正直つらいです。

住宅ローンは20年以上も返済がかかるわけですから、その間一切の娯楽なしであったり、服や嗜好品なども最低限しか買わないとなると、潤いのある生活を送ることはできないでしょう。

 

そんな生活を送っていて、ようやく借金が返せたと思ったら、不幸にも住宅ローンの契約者がなくなることだってあります。

ギリギリまで切り詰めたが返済が終わり、これからだという時になくなってしまっては楽しい思い出が一切ないです。

そんな悲しいことにならないように、過剰な節約をしてまでローンを返済しないでください。

 

リストラや病気などで収入が急激に減ってしまった

おそらく住宅ローンを組む時は、現在勤めている会社で将来的に働いていることを想定していると思います。

しかし、人生に何が起こるかは誰にもわかりません。

いきなりリストラされるかもしれませんし、倒産するかもしれません。また病気で会社に行けなくなるかもしれません。

そうなると、収入がガクッと減ります。

その状態でローンの返済をしていくのは大変ですよね?

 

繰り上げ返済をしているのであれば、貯金が少なくなるのでこういったいざという時にお金に困ってしまいます。

ここで消費者金融等でお金を借りてしまうとさらに高い金利の借金を重ねることになるので、より生活が苦しくなります。

 

このように無理に繰り上げ返済をすると、どこかで苦しい思いをする可能性があります。

もちろん無理な節約をせずに貯めたお金の一部を返済に回すことは、支払う利息が減るので有効な手段だと思います。

なので、繰り上げ返済をするときには事前に様々なことを考えてから、行うようにしましょう。

 

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ