住宅ローンを支払えず競売で自宅を売られる時の対策について

競売前にやっておくべきこと

住宅ローンを支払えず、このままでは競売によって自宅が売られるということが分かったら、いくつか対策をしておくといいでしょう。

固定資産税対策をする

家などの不動産を所有している場合、固定資産税を支払う必要があります。

税金は自己破産をしても、チャラになることはなく、支払う必要があります。

また税金の滞納の場合、しっかりと取り立ててくることが多いので、その支払えるようにお金を用意しておきましょう。

どうしても支払うことができない場合には、役所に事情を説明するなどをして支払い期限の延長や分割払いを認めてもらいましょう。

期限の利益損失対策をする

期限の利益とは、決まった期限までは借金を取り立てないという約束事を指します。

いつ期限の利益を損失するかは契約によって異なりますが、基本的には返済が遅れることが原因となります。

もしも期限の利益を損失をした場合、残りの借金を全額払う必要が出てきます。

支払う必要が出てきますが、住宅ローンの場合は多額な借金なので全額返すことができません。

そうなると、競売で家を売ることで借金の一部でも回収しようとします。

 

この時、競売でいつ売るのかは債権者次第となっています。

一般的には期限の利益が損失したからといって、すぐに競売には出しません。

債権者としても競売にかけるよりも、支払ってくれる方がいいですし、手続きの手間もかかりますからね。

 

そこで債権者が競売にかけるまでの時間を延長させるテクニックがあるのです。

それはある程度催告書がたまってきたら、その一部を返済するという方法です。

要は、支払う意思を見せることによって、業者はこれからはきちんと支払ってくれるのかと思ってくれるので、競売を利用しなくなるのです。

返済をきちんとしなければ、最終的には自宅を失うでしょうが、時間を稼ぐことによって、自宅に長く住み続けることができますし、資金を貯めることができます。

 

競売が申し立てられた後の対策について

競売が申し立てられたら、もう逃げることはできません。

しかし、競売は家が売れるまで早くて半年、普通は1年前後、場合によっては2,3年かかります。

その間、家に住み続けることができるので、生活の立て直すことに力を入れましょう。

まとめ

基本的にはこれらの対策をして、自宅を売った後の生活を立て直すことが重要です。

ただ競売で家を売ったとしても、住宅ローンが残り返済をすることができないという場合には自己破産をすることになると思います。

自己破産をする場合は、資金をためていても、すべて持っていかれますので、期限の利益損失対策を行わなくてもいいでしょう。

 

それよりも自己破産をさっさとやってしまい、競売で家が売れる前に資金をためておくことの方を重視したほうがいいですね。

自己破産後に手に入れたお金は自由に使えますからね。

>>無料&匿名で自己破産に強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ