任意売却に向けて債務者がしておく事とは?

Fotolia_48791896_Subscription_Monthly_XXL_R

任意売却をする前に、しっかりと準備をしておくことで今後の方針を立てられたり、スムーズにことを進めることもできます。

返済方法を見直してもらう

せっかく住宅ローンを使って、自宅を手に入れたわけですから、どうせなら自宅を手放したくないですよね。

そこで一時的に住宅ローンが返済できないのであれば、返済方法の見直しを金融機関に相談するのも一つの手です。

例えば、一時的な失業や病気が原因でローンの返済が難しいのであれば、一時的に返済額を減額してくれる場合もあります。

ただし、一時的にでも減額をすると、返済期間が延びて返済額が多少増えるので気を付けてください。

返済方法の見直しは、あくまでその場しのぎでしかないですからね。

長期的に見て、返済をすることが難しい場合は家を手放すことを覚悟したほうがいいでしょう。

不動産価格を調べる

任意売却をする場合には普通の不動産売買と同じ要領で売ります。

となると、不動産査定を利用することでおおよその値段を知ることができます。

 

例えば、4000万円で購入したマンションが、現在2000万円になっている。

ローンの残高は2500万円だとします。

そうなると任意売却をすることで、借金額を500万円まで減らすことができます。

500万円ならば、返済することができるというのであれば、任意売却をすればいいと思います。

 

仮に、ローンの残高が3500万円で、任意売却をしても1500万円借金が残るとします。

1500万円の借金を返済することが難しいという場合は、債務整理をするのがいいですね。

また、ローンの残高が2000万円だった場合は、任意売却をすることで借金をなくすことができます。

 

このようにあなたの家の価格を知ることができれば、今後の方針を立てることができます。

なので、任意売却をしようと思ったのであれば不動産価格を調べるようにしましょう。

 

買受人を見つける

あなたの家を買い受ける人を見つけておくと、金融機関と任意売却の許可をもらう交渉がスムーズに進みやすいです。

いくらで売れるかわからない状態よりも、いくらで売れるか明確に分かっている状態の方が金融機関も判断しやすいですからね。

この時、買受人を見つけるのは不動産業者に依頼をすのが一番手っ取り早いですね。

見つけてもらったら、買い付け証明書を作成してもらうことを忘れないようにしてください。

まとめ

任意売却をするのであれば、あくまで自分が主体になって動く必要があります。

金融機関主導で任せておくと、いいように操られてしまうこともありますからね。

なので、事前にこれらの準備をしっかりとしておくといいでしょう。

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ