住宅ローンの返済が滞り苦しくなってきたらどうする?

苦しくなってきたら早めの対策を取ろう!

Fotolia_39541409_Subscription_Monthly_XXL_R住宅ローンは契約するときは、問題なく支払うことができると思っていても、支払いが難しくなることがあります。

というのも、20年、30年とかけて返済をしていくのでその途中で何か起こってもおかしくはありません。

それに現在は不況で給料もなかなか上がらないだけでなく、ボーナスカットや給料の減額なども行われます。

そうなると必然的にローンの返済が苦しくなってくる人が多くなります。

 

今の日本がこういう状況というのは知っていても、いざ自分の身にならないと実感できないものです。

そのため実際に収入が減るまでは楽観視してしまう傾向があります。

それで楽観視していたために、いざ収入が減ると冷静な判断をすることができなくなります。

 

例えば、住宅ローンよりも高金利な消費者金融からお金を借りて返済に回してしまうなどがあります。

消費者金融からお金を借り始めると、どんどん借金が増えて以前よりも苦しい生活になってしまいます。

こうなる前にしっかりと対策を考えるべきです。

例えば、家族と話し合って「節約に力を入れるようにする」「働ける人は働く時間を増やす」など家族全員で返済をしていくなどがあります。

こうすることで、変な借金をすることなく生活を乗り切ることもできるでしょう。

 

また、万が一、消費者金融にお金を借りてしまい苦しい生活になっているのであれば、債務整理を早めにやった方がいいでしょう。

弁護士に相談することで、最適な返済方法を教えてもらうことができます。

中には家を手放さずに借金を整理する方法もあるので、一度相談をしてみましょう。

>>無料&匿名で債務整理に強い弁護士に相談するならこちらから

返済が苦しくなる前の前兆をしっかりと把握する

住宅ローンの返済はいきなり苦しくなるということはめったにありません。

その前の段階で何かしらの前兆があるので、その段階で徐々に対策をとることが大事です。

体調が良くない

体調不良によって仕事ができなくなることがあります。

しかし、いきなり働けないほどになることはなく、すこし体調が悪い程度から徐々に悪化していきます。

そのため体調が悪いときには無理をせず休養を取ることも大事です。

また、肉体的な問題だけでなく精神的な問題の方にも目を向けましょう。

家族の会話が減った

収入が減ると、不安に襲われて家族関係がぎくしゃくしがちです。

また、相手を気遣って生活状況が悪いことを言えずにいるというもあります。

問題から逃げていても何も解決はしないので、しっかりと家族と話し合いをしましょう。

貯金が減った

将来のため、老後のためにと貯金をしていたのにもかかわらず、その貯金を使っている場合は、生活状況が苦しくなっているからでしょう。

税金や年金などの滞納がある

税金や年金などの公的な支払いは、民間からの借金に比べると督促がやさしいです。

また、支払わなくてもすぐさま何かに影響することも少ないですからね。

そのため生活が苦しくなると、これらをまず滞納する傾向があります。

賞与が減った、もしくはなくなった

給料は業績によってそこまで大きな影響はありません。

会社の業績に大きく関わるのが賞与(ボーナス)です。

業績が悪化するとまず賞与が削減orカットされます。

 

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ