過払い金返還請求はいつまで行うことができるのか?

Fotolia_50236406_Subscription_Monthly_XXL_R

昔お金を借りていて、もしかしたら過払い金があるかもしれないと思った時、いつまでだったら可能なのかというのが気になりますよね。

もしも過ぎていたら、無駄な苦労をするだけになりますからね。

そういった骨折り損をしないためにも、いつまでだったら過払い金を返還してもらえるか知っておきましょう。

いつまでなら過払いの請求ができる?

過払いの請求ができる期間は、最終取引から10年以内となっています。

もしも、2006年に最後の返済をして、それ以降お金の貸し借りが一切なければ、2016年を過ぎるとアウトになります。

それまでであれば可能なので、なるべく早めに弁護士に相談することをお勧めします。

>>匿名・無料で過払いに強い弁護士に相談するならこちらから

ちなみに最終取引から10年を過ぎるとアウトなので、継続して支払っているのであればいつでも過払い金を取り戻すことができます。

 

途中完済をしている場合は注意を

ずっとお金を借り続けていたり、1回完済して終わったりしている場合は分かりやすいのです。

しかし、1回完済した後に再び同じところからお金を借りている場合は注意が必要です。

というのも、完済をしてから10年以内なので、1回完済したところから10年以内に過払いの請求を行わないと、1回目の完済の分の過払い金を返してもらうことができません

そうすると昔の分を請求できない分、過払い金で戻ってくる金額が激減してしまうので、そうなる前に過払い金を請求したほうがいいですね。

完済から再借入れまでの期間が短ければ、途中完済にみなされない場合も

1回完済して期間が空くと、別の契約とみなされるので、1回目の完済分の過払い金を取り返せないこともあります。

しかし、同一の契約とみなすことができれば、契約がずっと続いていることになるので、完済していてもお構いなしになります。

どれくらいの期間を空いていると分断されるかは、業者と交渉してみないと分からないところがありますが、一つの目安として1年ですね。

1回完済してから、1年未満で再び借りた場合は、同一契約とみなすことができるということです。

 

少しややこしいですが、とりあえず不安であれば、1度でも完済しているのであれば、さっさと過払い金を請求したほうがいいということは間違いありません。

1回完済している場合は、話がややこしくなりますし、業者ともめることが多いので、弁護士に依頼をして過払い金を取り返してもらうのが一番いいでしょう。

>>匿名・無料で過払いに強い弁護士に相談するならこちらから

返済に苦しんでいる80%以上の人が借金問題を解決した方法とは?

借金の返済がきつい状態に陥っているなら、試しに匿名・無料で使える「借金減額シミュレーター」を使ってみてください。

借り入れ状況や住んでいる地域などからあなたにピッタリな弁護士や司法書士を紹介してくれます。

その先生があなたの状況をもとに、

・借金がいくら減るのか
・毎月の返済額がいくらに減るのか、
・どんな方法で借金を整理するべきなのか

などをメールで教えてくれます。

「こんなに簡単に借金が片付くならもっと早く使っておけばよかった」という声ばかりです。

診断結果に満足できなければ依頼をしないのもありです。

入力作業は3分もかからないので、とりあえず借金がいくら減るかだけでも調べてみませんか?

>>とりあえず匿名無料で借金がいくら減るのか調べるならこちら

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ