過払い金請求でもブラックリストに載るのか?

Fotolia_34155995_Subscription_Monthly_XL_Rローンやクレジットカードを利用していくにあたって多くの人が気にするブラックリスト

ブラックリストに載ると、ローンを組めなくなったり、新規のクレジットカードが作れなかったりするので、できればブラックリストに載りたくないという人が多いです。

 

それで、過払い金請求となると、業者にとって都合の悪いことなので、ブラックリストに載るのではと心配する人がいます。

はっきり言って、過払い金返還請求は当然の権利なので、過剰に心配する必要はありません。

ただ場合によっては一時的にブラックリストに載ることがあるので、どういう風に載るのかを把握しておきましょう。

  • 返済の途中で過払い金返還請求を行う場合
  • 自分で過払い金返還請求を行う場合

返済の途中で過払い金返還請求を行う場合

弁護士に依頼する場合

弁護士に依頼をする場合、依頼をした段階で債務整理情報に載ります。

これはいわゆるブラックリストのうちの一つです。

その後、過払い金が発生していることが分かり、過払い金が支払われると「完済・契約見直し」に登録されている情報が変更されます。

つまり、いったんブラックリストに載るが、あとで登録情報が変更されるというわけです。

過払い金請求だけならこうなりますが、そのほかに任意整理などを行うと債務整理情報に載ったままになります。

自分で過払い金返還請求を行う場合

自分で行う場合には、返済を続けながらであればブラックリストに載ることはありません。

消費者金融が過払い金を支払った段階で「完済・契約見直し」情報が登録されます

 

ただし、過払い金返還請求を行っている途中で3か月以上延滞した場合、「延滞」情報が登録されます。

その後、業者が過払い金を支払った段階で、「完済・契約見直し」情報に登録されます。

自分で過払い金返還請求を行うのであれば、支払いを続けながら請求をすることで、一度もブラックリストに載らずに過払い金を手に入れることができます。

完済後、過払い金返還請求を行う

完済しているのであれば、債務整理情報や延滞情報に載ることなく過払い金を返還してもらうことができるでしょう。

ブラックリストに載ることを心配することなく、請求ができます。

 

あなたはすでにブラックリストに載っていませんか?

過払い金の請求で、ブラックリストに載るかというのを心配する気持ちは非常によく分かります。

しかし、過払い金を請求する人の多くはすでにブラックリストに載っています。

というのも、事故情報(ブラックリスト)には3か月以上の延滞をした段階で載ります。

 

過払い金を請求する人の多くは、多重債務者であり苦しい経済状況であることが多いです。

その場合はどうしても返済の遅れが生じてしまうので、すでにブラックリストに載っている場合があります。

すでにブラックリストに載っているのであれば、もう何も怖がる必要がありません。

 

だって、過払い金を請求するかしないかに関係なく、ブラックリストに載っているわけですからね。

また、ブラックリストに載るデメリットも考えようによってはそこまでデメリットではありません。

>>ブラックリストのデメリットについて

なので、過払い金請求をするにあたって、神経質にブラックリストのことを気にする必要はないでしょう。

>>無料&匿名で過払いに強い弁護士に相談するならこちらから

あなたの借金いくらに減ると思いますか?

弁護士に相談する前に、債務整理を行えばいくら借金が減るか知っておきたくないですか?

もし知りたいなら、匿名・無料で使える借金減額診断をやってみましょう。

診断すれば、債務整理後の月々の返済額まで分かるので、借金返済までの道のりがはっきりと見えてきます。

借金のことは一人で抱え込むのは大変なので、とりあえずシミュレーターを使って現状を把握しておきましょう。

↓借金減額診断はこちらから↓

当サイト一押し記事!

saimubana1 任意整理・過払い・個人再生・自己破産などの債務整理をしようを考えている方は見ないと損をしますよ!
saimubana3 借金の返済に困っている人は必見です。誰でも簡単に借金問題を解決できて、落ち着いた生活に戻れますよ。
saimubana2 闇金でお金を借りてしまった人が救済されるには、この方法しかありません。

コメントを残す

サブコンテンツ